コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実体顕微鏡 ジッタイケンビキョウ

デジタル大辞泉の解説

じったい‐けんびきょう〔‐ケンビキヤウ〕【実体顕微鏡】

観察対象をそのままの形で観察するための顕微鏡。倍率は低倍率で、ふつう20倍ぐらいまで。小型で携帯できる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

実体顕微鏡の関連キーワード光学機械工業解剖顕微鏡土壌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実体顕微鏡の関連情報