コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士登山競走 ふじとざんきょうそう

2件 の用語解説(富士登山競走の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

富士登山競走

毎年7月に富士山行われる山岳マラソン大会。主催は富士吉田市。1948年に第1回大会が開催。標高770メートルの富士吉田市役所前がスタート地点で、五合目までのコース、山頂までのコースがあり、それぞれ男女の部に分かれている。山頂コースは距離21キロメートル、高低差は日本最大の約3000メートルに及ぶ。2012年第65回大会の参加者数は、5合目コースが1492人、山頂コースが2609人。

(2013-3-28)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

富士登山競走

山梨県富士吉田市で行われる山岳マラソン大会。富士山をコースとする。高低差3000mの山頂コース(21km)、高低差1480mの五合目コースがある。第1回大会は1948年。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士登山競走の関連キーワードAOMORIマラソンOBAMA若狭マラソン菊花マラソンさのマラソンNAHAマラソンパリマラソン富士裾野高原マラソンマウイマラソンマウントモンブラン・シャモニーマラソンユングフラウマラソン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士登山競走の関連情報