コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士山 ふじさん

10件 の用語解説(富士山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士山
ふじさん

山梨県静岡県にまたがる典型的な成層火山。日本の最高峰で標高 3776m。富士箱根伊豆国立公園の中心で特別名勝。現在の山体の基盤には小御岳火山と古富士火山があり,南部に富士山より開析の進んだ愛鷹山がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

富士山

日本を代表する成層火山で、最高点の標高は3776m。2000年10月から01年5月にかけて、山頂直下15km付近で低周波地震(low‐frequency earthquake)が頻発、噴火の活力が関心を呼んだ。それを契機に内閣府を中心とした検討が進み、03年にハザードマップと防災対応の指針が公表された。富士山は活火山の中でも、マグマの噴出率が特に高い。通常は玄武岩質の溶岩流やスコリア(scoria=黒っぽい砕屑〈さいせつ〉物)を噴出するが、火砕流岩屑なだれも出す。過去2000年間の噴火は山腹にほぼ限定されてきたが、山頂噴火もある。歴史上の三大噴火のうち、800年の噴火は山頂の近くで起きたとされる。864年の貞観の噴火は、北西山腹から溶岩を流して青木ケ原を造った。1707年には宝永地震の1カ月半後に宝永の噴火が起き、南東の中腹に火口を造って山の東側に大量のスコリアや火山灰を降らせ、影響は江戸まで及んだ。初期には、デイサイト質の軽石も出した。1950年代には山頂火口に噴気が見られたが、現在は噴気や熱に異常はない。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

富士山

山梨県と静岡県の境にそびえる標高3776メートルの日本最高峰。円錐形の成層火山だが、1707年の宝永大噴火を最後に、激しい活動は確認されていない。
古代から信仰の対象で、立山(富山県)、白山(石川県・岐阜県)と並び、日本三霊山に挙げられる。江戸時代には、富士講(霊山信仰の一派)が組織され、集団での参詣登山は庶民の人気となった。江戸と周辺には、富士山の姿を模した富士塚も築かれ、年に一度、富士塚(神社)を参詣する富士詣も行われた。また、頂に白雪をいだく霊峰の姿は、多くの芸術家の心をとらえ、和歌や小説、絵画の題材にもなっている。なかでも葛飾北斎浮世絵富嶽三十六景」は、早くから海外で高い評価を得ていた。
2013年5月、ユネスコ諮問機関イコモスが、こうした富士山の文化的価値を認め、世界文化遺産の登録を勧告した。概要書には「富士山を顕著にしているのは宗教的伝統と芸術的伝統の融合である」と記載されている。6月16日から開催される世界遺産委員会で、「富士山と信仰・芸術の関連遺産群」として正式登録される見通し。ただし、構成資産に含めていた「三保松原(みほのまつばら)」(静岡市)は、距離の遠さ(約45キロメートル)を理由に除外されている(13年5月22日現在)。
地元では、世界遺産登録による経済効果を期待する声が高まっているが、課題も多い。かつて富士山は自然遺産としての登録を目指したが、ゴミの不法投棄など環境破壊の面から断念したという経緯がある。環境状況が悪化すると、登録が取り消される可能性もあり、むしろ年間約30万人の登山客を抑制することが急務となっている。静岡・山梨両県は、登山期間の制限や入山料の導入も検討している。
*付記
13年6月22日、ユネスコの世界遺産委員会は「富士山と信仰・芸術の関連遺産群」の正式登録を決定した。当初は距離の遠さを理由に登録から除外されていた「三保松原(みほのまつばら)」(静岡市)も、政府と地元が一体となったロビー活動などが功を奏し、構成資産に含まれることになった。日本国内の文化遺産としては13件目(自然遺産と合わせた世界遺産としては17件目)である(13年6月24日)。

(大迫秀樹  フリー編集者 / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじ‐さん【富士山】

山梨・静岡両県にまたがる円錐状成層火山。日本の最高峰で、標高3776メートル。火口直径は約800メートル。宝永4年(1707)の噴火で中腹に宝永山ができ、その後約300年間噴火していない。山頂に浅間(せんげん)神社があり、古くから霊峰とされ、信仰登山が盛ん。5合目まで自動車道が通じる。平成25年(2013)、富士五湖忍野八海三保の松原を含む周辺地域や、浅間神社・御師(おし)住宅などとともに「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。富士。不二山。不二。不尽山。富岳(ふがく)。芙蓉峰(ふようほう)。ふじのやま。ふじやま。
[補説]富士の異称をもつ山
会津(あいづ)富士 磐梯山(福島)
秋田富士・出羽(でわ)富士 鳥海山(山形・秋田)
岩手富士・南部富士 岩手山(岩手)
蝦夷(えぞ)富士 羊蹄山北海道
越後(えちご)富士 妙高山(新潟)
近江(おうみ)富士 三上山(滋賀)
渡島(おしま)富士 駒ヶ岳(北海道)
薩摩(さつま)富士 開聞岳鹿児島
信濃(しなの)富士 黒姫山(長野)
諏訪(すわ)富士 蓼科山(長野)
丹後(たんご)富士 建部山(京都)
津軽(つがる)富士 岩木山(青森)
豊後(ぶんご)富士 由布岳(大分)
伯耆(ほうき)富士 大山(鳥取)
利尻(りしり)富士 利尻山(北海道)
若狭(わかさ)富士 青葉山(福井・京都)

ふじ‐やま【富士山】

ふじさん(富士山)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

富士山【ふじさん】

静岡・山梨両県にまたがる成層火山。標高3776mの活火山で,日本最高。低地からそびえるので火山体そのものが高く,基底は直径35〜40kmに達する。北西側の山麓には大室山をはじめ多くの寄生火山があり,南東斜面には1707年に宝永山爆裂火口を生じて,山容に変化を与えている。
→関連項目浅間神社忍野八海小山[町]神奈川雁坂峠御殿場[市]十国峠修験道裾野[市]世界遺産条約大石寺田子ノ浦日本百名山富岳三十六景富士[市]富士宮[市]富士吉田[市]御坂山地山梨[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふじさん【富士山】

静岡・山梨両県の県境にそびえる成層火山。標高は3776mで,日本の最高峰である。富士という山名はアイヌ語で火を意味する〈フチ〉に由来するといわれる。この山は南東麓に愛鷹(あしたか)山がある以外は円錐形の整った山体と長い裾野をもち,その高さと秀麗さとは万葉の時代から賛美され,多くの詩歌に詠まれてきた。富士の名は広く海外にも知られ,日本あるいは日本的な美の象徴となり,特別名勝に指定され,富士箱根伊豆国立公園の中心をなしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじさん【富士山】

静岡・山梨両県にまたがる円錐状成層火山。日本の最高峰。海抜3776メートル。1707年(宝永4)の噴火で中腹に宝永山ができ、以後活動を休止。火口直径は約800メートルあり、裾野を長く引いた姿は美しく、古くから信仰登山が盛ん。現在、五合目まで自動車道が通じる。富士。不二山。不二。不尽山。ふじの高嶺。ふじの嶺。富岳ふがく。ふじのやま。⦅歌枕⦆ 「人しれぬ思ひをつねにするがなる富士の山こそわが身なりけれ/古今 恋一

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県(静岡県)〕富士山(ふじさん)


山梨・静岡県境にそびえる成層火山。円錐(えんすい)状の美麗な山容で知られ、日本の象徴とされる。富士箱根伊豆(はこねいず)国立公園の富士山地域の中心。山頂には御鉢とよばれる直径約800mの火口があり、南西側の日本最高峰の剣ヶ峰(標高3776m)のほか白山(はくさん)岳(釈迦ヶ(しゃかが)岳)・伊豆ヶ(いずが)岳(阿弥陀(あみだ)岳)・駒ヶ(こまが)岳(浅間ヶ(あさまが)岳)・三島(みしま)岳(文殊ヶ(もんじゅ)岳)・朝日(あさひ)岳(大日(だいにち)岳)・久須志(くすし)岳(薬師(やくし)岳)・成就(じょうじゅ)岳(勢至ヶ(せいしが)岳)の8峰が並び、御鉢巡りの順路をなす。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。古い小御岳(こみたけ)火山・古富士(こふじ)火山を基盤に、約1万年前から始まった噴火活動により現在の美しい山容が形成された。781年(天応(てんおう)1)以来、14ないし15回の噴火記録があり、うち800年(延暦(えんりゃく)19)、864年(貞観(じょうがん)6)、1707年(宝永(ほうえい)4)の噴火が3大噴火とされる。以後、顕著な活動記録はないが、火山性地震や噴気は観察されており、将来の噴火の可能性が指摘されている。山腹・山麓(さんろく)には70余の寄生火山や側火山がある。また北から東斜面には丸尾(まるび)とよばれる溶岩流が延び、特別天然記念物の鳴沢(なるさわ)溶岩樹型などの樹型や風穴・氷穴がみられる。山麓には湧水(ゆうすい)池が数多い。中世には「富士行」の行者による修行登山、江戸時代中期以降は「富士講」による集団信仰登山が盛んに行われた。近代登山は明治初期に始まり、1964年(昭和39)吉田(よしだ)口にスバルライン、1970年(昭和45)富士宮(ふじのみや)口に表(おもて)富士周遊道路がそれぞれ5合目まで開通し大衆化した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士山
ふじさん

山梨・静岡両県にまたがる、玄武岩を主とする成層・円錐(えんすい)火山。かつての富士火山帯の主峰であるが、全国最高の標高(3776メートル)と美しい容姿のために、古来、日本の象徴として仰がれ、親しまれ、海外にもよく知られる活火山。その傾斜は山頂部で32~35度、裾野(すその)は2~3度で、美しい対数曲線を描き、基底の直径は東西約35キロメートル、南北約38キロメートル。
 昔は「不尽」「不二」「富慈」などと書かれ、アイヌ語の「フチ」(火)に由来するとの説もある。富士箱根伊豆国立公園(1936年指定)の主人公で、長崎県の雲仙(うんぜん)岳とともに特別名勝の指定を受けている。裾を広く四方に広げているが、北麓(ほくろく)には、御坂(みさか)山地などの周囲の山々との間に、富士山の溶岩流でせき止められて生じた富士五湖(山中、河口(かわぐち)、西(さい)、精進(しょうじ)、本栖(もとす))があり、観光開発が進み、四季を通じて来遊者がとくに多い。日本三名山の一つ(他は立山(たてやま)と白山(はくさん))。[諏訪 彰・中田節也]

成り立ち・生い立ち

富士山は日本の最高峰であるが、実はその下に数十万年前までにできた先小御岳(せんこみたけ)、小御岳の古い火山が存在する。富士山自身は古富士と新富士の二つの火山からできており、新富士火山は約1万年前から活動を開始した。噴出物の厚さは最大1500メートル足らずである。つまり、私たちが仰ぎ見る富士山は、何重にも火山が重なった結果できた成層火山である。また、富士山は比較的若い火山で、過去約300年も噴火しなかったとはいえ、将来かならず再噴火すると考えられ、油断は禁物である。
 富士山は、フィリピン海プレートが日本列島に衝突している伊豆半島の付け根の背後という特異な場所に位置している。約2500万~2000万年前(中新世)の海底火山噴出物からなる地層(御坂統(みさかとう))が小御岳や同時代の愛鷹(あしたか)火山の基盤である。小御岳火山の一部は、河口湖からの登山自動車道「富士スバルライン」の終点、小御岳(五合目)付近に露頭している。古富士火山はいまから約8万年前に活動を始め、激しい爆発型噴火を繰り返し、南関東にも盛んに玄武岩質の火山灰を降らせ、京浜地域の台地面をつくっている「関東ローム」(詳しくは立川(たちかわ)ローム、武蔵野(むさしの)ローム)を堆積(たいせき)させた。その火山灰は、東京付近では、肉眼では個々の粒を識別しかねるほど細かく、層厚も数メートルであるが、それを富士山方向にたどっていくと、しだいに粒が粗くなり、層厚も増していく。東麓の御殿場(ごてんば)、須走(すばしり)などでは、褐色で粗粒の火山礫(れき)の地層が重なって数十メートルの厚い層をなしている。
 また、富士山麓では、数万年前におきた山体崩壊の堆積物(岩屑(がんせつ)なだれ堆積物)がみいだされる。これは「古富士泥流」とよばれ、古富士火山の表層をなしている。この古富士火山は、いまから約1万年前、つまり更新世から現世に移るころ、噴火活動の様相が急変した。以後、約1000年にわたり、おもに多量の溶岩を四方へ流出させる噴火活動が盛んに繰り返され、現在見られる富士山の原形がほぼできあがった。中央火口から30~40キロメートルの遠方まで流下した猿橋(さるはし)溶岩、岩淵(いわぶち)溶岩、三島(みしま)溶岩などがそれである。古富士山の一部が、1707年(宝永4)の大噴火で生じた火口に「赤岩(あかいわ)」(標高約2700メートル)としてわずかに露出している。
 いまから約1万年前から新富士火山が活動を開始した。新富士火山は、近くは前記の宝永(ほうえい)大噴火まで、しばしば噴火を繰り返し、爆発による火山砕屑(さいせつ)物や流出した溶岩で古富士火山を覆い隠しながら成長してきたが、約2500年前に東斜面で山体崩壊がおき「御殿場泥流」を堆積した。富士山は頂部から山腹には寄生火山・寄生火口が60以上あり、多くが山頂を通る北北西―南南東方向(富士火山帯の走向)に分布する。また、山麓に分布する風穴(ふうけつ)・氷穴(ひょうけつ)は玄武岩溶岩が流れる際にできた溶岩トンネルの一部である。富士五湖は、玄武岩質溶岩が河川をせき止めてできたものである。その湖底からは富士山の地下水も湧(わ)き出しているが、山中湖以外は自然の排水口がなく、水位はかなり激しく変動する。なお、皇室系譜で第7代の孝霊(こうれい)天皇5年に、一夜のうちに大陥没により琵琶(びわ)湖ができ、同時に、大隆起で富士山が誕生したなどという、富士山の出現時期についての諸伝説があるが、科学的には不合理で、事実に反する。[諏訪 彰・中田節也]

有史時代の噴火活動

新富士火山の噴火活動は、平安時代(およそ8世紀末~12世紀末)まではとくに活発に繰り返された。最古の噴火記録は、万葉歌人の高橋虫麻呂(たかはしのむしまろ)の作と伝えられる長歌「不尽(ふじ)山を詠む歌」のなかの「燃ゆる火を雪もて消(け)ち 降る雪を火もて消ちつつ」と書かれた部分で、養老(ようろう)年間(717~724)の西暦720年前後の噴火であろうと推察されている。歴史書に残された噴火は、『続日本紀(しょくにほんぎ)』に記された781年(天応1)を皮切りに、800年(延暦19)、864年(貞観6)、1707年(宝永4)の三大噴火など、計10回ほどである。
 1083年(永保3)までは、平均して約30年ごとに噴火を繰り返したが、それから1707年の大噴火までの6世紀余の間にはわずか3回しか噴火せず、ことに1083年の噴火の後は約300年間も噴火がみられなかった。さらに、1707年の大噴火の後も、すでに約300年が流れ去った。しかも、1083年までの諸噴火は概して勢いが盛んで、しばしば溶岩流も発生したが、その後は火山灰を放出する噴火に限られ、また、噴火規模の点でも、1707年を除けば、さしたる噴火はなかった。また、『本朝文粋(ほんちょうもんずい)』中の都良香(みやこのよしか)の「富士山記」、作者不明の『竹取物語』など、多くの文献からみて、富士山は有史時代に入ってからも永く煙を吐き続けていたと考えられる。その噴煙活動が画期的に衰え始めたのは、前記の1083年の噴火の後である。それでも、以後約1世紀間は連続的に多少とも噴煙していたことが、西行(さいぎょう)法師の『山家集(さんかしゅう)』などからうかがえるが、阿仏尼(あぶつに)の『十六夜(いざよい)日記』などからみて、平安・鎌倉両時代の交(こう)に噴煙はまったくとだえてしまったらしい。
 『日本後紀』『日本紀略』などによれば、800年の大噴火では、山頂や山腹で爆発活動と溶岩流出活動が盛んに展開され、広く東海道および南関東地方の交通文化のうえにも一大変化をもたらした。東海道の足柄路(あしがらじ)が多量の降灰砂でふさがれたため、802年に箱根路が新しく開かれた。足柄路も803年に再開されたが、東名高速道路ができるまで、箱根路にお株を奪われてきた。また、北東麓にあった宇津湖はこの大噴火の溶岩流鷹丸尾(たかまるび)によって分断され、一方の山中湖は残っているが、忍野(おしの)地域の湖では湖水が桂(かつら)川となって流出し、「忍野八海(はっかい)」(国指定天然記念物)を残して干上がった。864~866年の山腹噴火のようすは『三代実録』などに記されているが、地質調査からもその活動の激しさが推察され、富士山の有史以来最大の噴火で、青木ヶ原、剣(けん)丸尾などの大溶岩流が発生し、前者は北麓の(せのうみ)を西(さい)湖と精進(しょうじ)湖に二分した。ボーリング調査によると、このときの噴出物量は宝永噴火のそれを上回っていたようである。
 1707年の大噴火は、山腹での激しい爆発活動に終始し、まず、富士山としては約2500年ぶりのデイサイト質の火山灰・軽石や黒曜石が噴出し、引き続いて玄武岩質の火山灰・火山砕屑物が噴出した。総噴出物量は約17億立方メートル(マグマに換算すると6億8000万立方メートル)で、東方約90キロメートルの川崎でも約5センチメートルの厚さの火山灰が積もった。当時の状況は、新井白石(あらいはくせき)の『折たく柴(しば)の記』などに記されている。江戸でも噴火の強い地震、鳴動、爆発音、空振がしきりに感じられ、黒雲が天を覆い、噴火開始の数時間後から灰白色の灰に引き続いて、灰黒色の灰が降り、昼間も灯火を用いたという。江戸では降灰が10日以上続き、降ってくる火山灰と堆積(たいせき)した火山灰が風で巻き上げられたため、関東一円に呼吸器疾患が大流行したという。宝永噴火の49日前にはマグニチュード8.7の地震(宝永東海地震)がおきていた。[諏訪 彰・中田節也]

火山の現状と将来

富士山の頂には直径約800メートル、周囲約3.5キロメートル、深さ200余メートルの火口があり、「内院」とよばれている。その火口縁は「お鉢」とよばれ、南西側に全国最高点・標高3776メートルの剣ヶ峰(けんがみね)、北側には標高3756メートルの白山(はくさん)岳があり、剣ヶ峰から東回りに三島岳、駒(こま)ヶ岳、成就(じょうじゅ)岳、大日(だいにち)岳、久須志(くすし)(薬師)岳、白山岳と、数珠(じゅず)つなぎに火口を取り囲んでいる。「お鉢巡り」は約4キロメートルで、1時間半近くかかる。
 剣ヶ峰には、1936年(昭和11)創設の富士山測候所があり、日本の気象観測の重要拠点で、最大探知距離800キロメートルのレーダーがあった。衛星による観測が充実したため、富士山測候所の常駐観測は2004年(平成16)10月より廃止された。気温は年平均零下6.5℃、従来の最低は零下38.0℃、最高は17.8℃で、夏でも雪が降ることがある。従来の最大風速は秒速72.5メートルであり、冬には連日秒速20メートル以上の強風下で吹雪(ふぶき)が続くことが多い。酸素量や気圧は平地の約3分の2で、水は88~87℃ほどで沸騰する。富士山全体への降水量は年間約20億立方メートル(約2割は積雪による)と見積もられるが、山腹には湧水がごく乏しい。新富士火山を構成する溶岩流や火山砕屑物の層が多孔質で、水が地下深く浸透してしまうためである。この伏流水は、古富士火山の表層をなす不透水性の泥流堆積物の上面に沿って流下し、山麓の白糸ノ滝、富士五湖底、忍野八海などに湧出するほか、御殿場、三島、富士宮(ふじのみや)各市などでの豊富な湧水は地域産業の発展に役だっている。山腹での地下水の取得は、富士山の本格的開発への鍵(かぎ)である。もっとも、山麓をはじめ、中腹(北側の五合目、南側の新五合目など)まで自動車道路網が整備され、観光開発が飛躍的に進展し、むしろ、自然保護や防災との兼ね合いが深刻な難問になってきた。また、裾野には自衛隊やアメリカ軍の演習地がある。
 富士火山は、全国民の関心の的であるだけに、第二次世界大戦後も、噴煙の発生や地温の上昇、噴気の活発化などの異常現象の発現がしばしば報じられたが、実は、強風やつむじ風で砂塵(さじん)が吹き上げられて噴煙に見間違えられたり、積雪が強風や雪崩(なだれ)で吹き飛ばされて局所的に地肌が露出したのを、地温の上昇や噴気の活発化のためと早合点されたものばかりであった。山頂の成就岳の荒牧(あらまき)、山腹の宝永火口や須走口三合目などに散在する噴気・地熱部の温度も、近年はかなり低下しており、火山性地震はときどき観測されている。
 2002年(平成14)秋ごろから山頂北東部の地下約15キロメートルの深さを震源とする低周波地震が群発し、防災対策がとられ始めた。国や地方自治体も富士山のハザードマップを作成し、防災訓練を実施するようになった。2011年3月11日のマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震の直後、3月15日に富士山の直下約10キロメートルの深さを震源とするマグニチュード6.4の地震が発生した。その後1年間は、地震活動が弱まりながら継続したが、地震活動以外に噴火の前兆となる現象は観測されなかった。富士山では、防災科学技術研究所、国土地理院、気象庁、東京大学、山梨県などが地震計やGPS(全地球測位システム)などによる観測を続けている。また、この付近には、東海大地震に備えての関係諸機関の各種の観測網も張り巡らされている。さらに、産業技術総合研究所、東京大学、日本大学などでは、富士山の過去の噴火履歴を解読するための研究を精力的に進めている。[諏訪 彰・中田節也]

山体の崩壊

富士山のもっとも深刻な問題は、風化・侵食による斜面崩壊である。標高2450メートル以上は露岩地帯で、風化作用が進み、また山腹には、西側の「大沢」、北東側の「吉田大沢」など、多数の沢(放射谷)が発達している。とくに前者の「大沢崩れ」は長さ約10キロメートル、幅最大500メートル、深さ約150メートルの巨大な谷で、裾野から剣ヶ峰に達する。斜面崩壊は続いている。吉田大沢では、1980年(昭和55)夏、吉田口登山道「砂走り」を下山中の数百人の集団が落石群に襲われ、死者12人、負傷者31人を出した。斜面崩壊は東側山腹でも急速に広がっている。この問題に対して、防災工事も行われているが、抜本的対策はなく、まさに不治(富士)の病である。
 また、富士山頂には、南側の剣ヶ峰と北側の白山岳に三角点があり、前者が日本の最高峰であるが、その標高は、明治維新後の1885年(明治18)に3778メートルと正式に測量されてからも、測量し直すたびに低下してきた。1926年(大正15)の測量で、現在広く知られている3776(みななむ)メートルの根拠である3776.29メートルが得られた。その後、山頂の岩石が崩れて三角点標石が危険になったので、第二次世界大戦後の1962年(昭和37)に標石を下げて埋め直し、標高は3775.63メートルとなった。四捨五入すれば前と同じで、地図帳を直さなくてすんだが、実は、そうなるように細工して、コンクリートで固めたのである。さらに1977年にも同様な作業を行い、標高3776メートルを維持させているという。国土地理院も、実に苦心惨憺(さんたん)しているようである。[諏訪 彰]

植生

植物相からみると、富士山はこの地域に固有に分化したハコネコメツツジ属、ハコネラン属、アマギカンアオイ、カナウツギ、フジザクラなどの分類群を有しており、中部日本の山岳地域のなかでも特徴的である。したがって、日本の植物区系区分のなかでは箱根、伊豆諸島などとともにフォッサマグナ地域に含められている。また、火山砂礫(されき)地にはイワオウギ、ムラサキモメンヅルなど遺存分布と考えられる要素もみられる。しかし、一方では周辺の高山に分布するハイマツがみられないなど、その植物相の形成については、まだ未解明の部分を多く残している。
 植生の面からみると、とくにその南麓(なんろく)は、海岸から3776メートルの山頂まで日本でもっとも大きな高度傾度を有しており、垂直分布帯が発達している。海岸から標高800メートル付近までは暖温帯(高度帯では丘陵帯)の常緑広葉樹林の領域で、400メートル以下にはタブノキ林、スダジイ林などが分布し、その上部はアカガシ林に移行する。しかし、この範囲は人為的破壊によって自然植生は断片的にしかみられず、そのほとんどは、居住地、スギ・ヒノキなどの植林地、自衛隊の演習地や放牧地としてのススキ草原となっている。
 800~1600メートルにかけては冷温帯(山地帯)の落葉広葉樹林の領域である。この冷温帯と暖温帯の移行部に相当する800~1000メートルの地域には、丸尾(まるび)とよばれる溶岩流がいくつか分布する。この溶岩流はいずれも1000~1500年前に噴出したもので、現在ではツガ、ヒノキ、アカマツなどの針葉樹が優占した森林が発達している。樹海で知られる青木ヶ原丸尾はそのうちでも最大級で、東西8キロメートル、南北6キロメートルに及ぶツガとヒノキを主とする森林となっている。また、忍野(おしの)の鷹(たか)丸尾はハリモミ林が発達する特異なものである。この両者はそれぞれ「富士山原始林」「忍野八海(はっかい)」として国の天然記念物に指定されている。これ以外の土壌がよく発達した地域ではブナが優占し、一部ウラジロモミを交えた落葉広葉樹林がみられる。
 1600メートル以上は亜高山帯(亜寒帯、寒温帯)の常緑針葉樹林である。富士山の場合、亜高山帯の下部はコメツガ、上部はシラビソが優占する(とくに上部ではカラマツ、ダケカンバを多く交え、一部にオオシラビソが混じる)。ほぼ2500メートルが森林限界で、ダケカンバ、ミヤマハンノキ、ミネヤナギなどがしだいに樹高を減じて限界を縁どっている。御庭(おにわ)周辺、宝永(ほうえい)火口などではカラマツが匍匐(ほふく)状になって森林限界の上部に出現する。さらにその上部はイタドリ、オンタデ、フジハタザオなどが散生した高山帯の火山荒原植生となる。
 東斜面の御殿場から須走(すばしり)付近は、1707年(宝永4)の火口(宝永火口)の噴火によって植生が破壊されたうえ、その後の基質がスコリア質(岩滓(がんさい)質)で不安定なため、1300メートル以上の地域は遷移の進行が遅く、いまだにイタドリ、オンタデなどが散生した火山荒原植生が広がり、特異な高山帯的景観を呈している。一方、この裸地には、ミヤマハンノキ、ミネヤナギ、ダケカンバなど亜高山帯上部の植生を構成する種が降下してきているため、この裸地から安定な斜面に発達する森林に向かって、遷移の各段階を構成する群落が帯状に配列している。このように富士山には、植生遷移の進行速度の差によって発達段階の異なる植物垂直分布帯や植生のモザイク構造がよく認められる。[大澤雅彦]

動物相

富士山の動物相は、日本の温帯系要素にオコジョ、トガリネズミ、ホシガラスなど若干の寒帯系要素が加わった本州中部山地の典型的なものである。富士山東面の須走付近は東日本有数の鳥類の繁殖地で「探鳥会」発祥の地として知られる。ここの山麓帯ではヤマドリ、ヨタカ、クロツグミ、ウグイス、キバシリ、亜高山帯ではホシガラス、アオバト、マミジロ、ヤマドリ、コマドリなどが繁殖し、樹木限界付近ではカヤクグリ、イワヒバリがみられる。鳥類が豊富なことは、青木ヶ原から精進(しょうじ)口登山道を経て吉田口登山道五合目に達する森林地帯でも同様であるが、この幅の狭い老年期の森林は日本有数の森林生コウモリの宝庫である。ここでは洞窟(どうくつ)生のコキクガシラコウモリ、キクガシラコウモリ、ウサギコウモリなどのほか、樹洞生のフジホオヒゲコウモリ、カグヤコウモリ、クビワコウモリ、コテングコウモリがみられ、尾瀬固有と思われていたオゼホオヒゲコウモリも生息していることが確認された。
 この地帯にはほかの動物も種類が豊富で、亜高山帯にはカモシカ、オコジョ、ヒメヒミズ、トガリネズミ、リス、モモンガ、ヤマネ、低山帯上部にはフジミズラモグラ、カゲネズミ、ヒミズ、ヒメネズミ、ジムグリ、シロマダラ、ヒキガエル、フジミドリシジミなどがみられるほか、ムササビ、ツキノワグマも姿をみせる。山麓の草原地帯にはコウベモグラ、ハタネズミ、カヤネズミ、ノウサギ、イノシシ、ノビタキ、セッカ、ヒメシロチョウ、ヤマキチョウなどが多く、水場がある大宮口の森林にはシカがみられる。標高2500メートル以上の地帯は高山地帯に相当するが、ここまで低地ないし低山生のハタネズミ、アカネズミ、ヒメネズミ、ヤマネが進出しており、登山シーズン以外にはイノシシ、カモシカ、ツキノワグマ、キツネ、テンなどが山頂まで姿をみせる。
 しかし、本州の高山動物とみられるニイガタヤチネズミ、アズミトガリネズミ、ライチョウ(1960年に7羽放されたが姿を消した)、高山チョウのタカネヒカゲ、タカネキマダラセセリ、コヒオドシ、クモマツマキチョウなどは富士山には生息しない。また、本州日本海側および中部以北に分布するシナノミズラモグラ、トウホクノウサギ、西日本系のスミスネズミ、北日本系のトウホクヤチネズミなどもみられない。愛鷹(あしたか)山には富士山本体にいないサル、暖帯系のキリシマミドリシジミが生息する。富士山には、フジミドリシジミ、フジキオビなど富士の名をもつ動物が多いが、ニホンウサギコウモリ、オオタカの亜種など学名が富士にちなんだものも少なくない。しかし、この山に固有の種は知られていない。[今泉吉典]

登山

富士山に初めて登ったのは聖徳太子あるいは役小角(えんのおづぬ)とする説もあり、9世紀ごろはすでに盛んに登られていたと考えられるがさだかではない。1149年(久安5)に駿河(するが)国(静岡県)の末代上人(まつだいしょうにん)が山頂に仏閣を建てた記事があり、村山口から登山が行われたという。近世初期に長谷川角行(はせがわかくぎょう)(1541―1646)によって富士講が開かれ、先達(せんだつ)によって引率され、白装束に身を固めた人々が「六根清浄」と唱えながら登山した。山麓(さんろく)の富士吉田は浅間(せんげん)神社の門前町であり、日本第一の信仰登山地として発達し、登山者の集合地となった。登山口は富士宮口を正面とし、吉田口、御殿場(ごてんば)口、須走(すばしり)口が多く用いられ、村山口、須山口はその後廃道化した。女性は不浄とされ、吉田口では二合目の小浅間上の御釜(おかま)まで、村山口では一合目の女人堂までしか登れなかったが、1866年(慶応2)イギリス公使パークス夫人が女性として初めて登山した。
 開山期間は7月1日から8月26日の火祭までであったが、近年は8月31日まで開かれ、各登山口の山小屋も開かれている。多いときはこの期間に100万人近くの登山者があるが、1964年(昭和39)河口湖からスバルラインの有料自動車道が吉田口五合目まで開かれ、1970年に御殿場口の五合目まで表富士周遊道路がつくられてからは、山麓から五合目までの登山道はさびれてしまった。山頂の火口を一周するお鉢めぐりや、五合目を一周するお中道回りも行われた。1871年(明治4)イギリスのベイヤード中尉が積雪期に初めて登山し、また1895年には日本における高山気象観測の開拓者である野中至(いたる)が気象観測のため厳冬期に登山した。富士山は独立の高峰であるため、冬期は蒼氷(そうひょう)が発達し、氷雪登山の舞台となり、アルピニストが多く訪れるようになった。しかし、日本第一の高峰であるため、めまい、頭痛など高山病の症状をおこす人も多く、また冬期は突風や雪崩(なだれ)による遭難事故も多発しているので注意を要する。[徳久球雄]

民俗・信仰

富士山の秀麗な姿は、『万葉集』『竹取物語』をはじめ数々の文芸や紀行文に取り入れられているほか絵画にも描かれている。『常陸国風土記(ひたちのくにふどき)』には福慈(ふじ)(富士)山と筑波(つくば)山に関する伝説(富士筑波伝説)がみえる。また各地に広く分布する「山の背くらべ伝説」には富士山が多く登場する。たとえば駿河(するが)国(静岡県)の足高(あしたか)山(愛鷹(あしたか)山)は、大昔、唐土(もろこし)(中国)から富士山と背くらべをするためにきたが、足柄(あしがら)山の明神が、生意気だといって足で蹴(け)くずしたので低くなったという。また八ヶ岳(やつがたけ)と富士山とが、大昔、背の高さを競って決着がつかず、双方の頂上へ樋(ひ)を渡して水を流すと、水は富士のほうへ流れて富士が負けた。富士は怒って、その樋で八ヶ岳の頭をなぐって蹴上げたので低くなり、でこぼこの頂上になったという。鎌倉時代以降はとくに紀行・和歌・俳句に多く、絵画では江戸時代の葛飾北斎(かつしかほくさい)の『冨嶽(ふがく)三十六景』が名高い。
 富士山を霊視し、また信仰の対象として崇(あが)めることは、原始信仰以来のものと想像されるが、山岳仏教と結び付いて初めて具体的な形を整えてきた。富士山への登拝の始まりは、修験道(しゅげんどう)を開いた役小角(えんのおづぬ)であると伝えられているが、事実かどうか明らかではない。富士の信仰が盛んになったのは中世以後のことであり、登拝することは富士講の開祖である長谷川角行によって広められた。富士講の行者(ぎょうじゃ)は東日本の広い範囲に活躍し、各地に富士浅間(せんげん)神社を分祀(ぶんし)して遙拝(ようはい)所を設けた。講中の者は、旧暦6月1日の山開きから20日間、富士詣(もう)でと称して登拝した。江戸時代には宿坊(しゅくぼう)や石室(いしむろ)も整い、7月27日を山じまいとした。登拝者は夜を徹して登り、御来迎(ごらいごう)(日の出)を拝み、火口を巡る「お鉢巡り」などをする。
 富士山の見える地域では、雲のかかりぐあいで天候を予測する。また富士山周辺の火山性洞窟(どうくつ)を富士風穴(ふうけつ)といい、気温が低く一定なことを利用して、氷の保存や蚕の種の孵化(ふか)抑制などを行なっていた。[井之口章次]

世界遺産の登録

2013年(平成25)には富士山域をはじめ周辺の神社、富士五湖、忍野八海(おしのはっかい)や三保松原(みほのまつばら)等を含めた25の構成資産が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「富士山─信仰の対象と芸術の源泉」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。構成資産は以下のとおりである。
(1)富士山域
〔読み〕ふじさんいき
〔所在市町村〕山梨県・静岡県
 (1-1)山頂の信仰遺跡群
 〔読み〕さんちょうのしんこういせきぐん
 〔所在市町村〕山梨県・静岡県
 (1-2)大宮・村山口登山道(現富士宮口登山道)
 〔読み〕おおみや・むらやまぐちとざんどう(げんふじのみやぐちとざんどう)
 〔所在市町村〕静岡県富士宮市
 (1-3)須山口登山道(現御殿場口登山道)
 〔読み〕すやまぐちとざんどう(げんごてんばぐちとざんどう)
 〔所在市町村〕静岡県御殿場市
 (1-4)須走口登山道
 〔読み〕すばしりぐちとざんどう
 〔所在市町村〕静岡県小山町
 (1-5)吉田口登山道
 〔読み〕よしだぐちとざんどう
 〔所在市町村〕山梨県富士吉田市・富士河口湖町
 (1-6)北口本宮冨士浅間神社
 〔読み〕きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ
 〔所在市町村〕山梨県富士吉田市
 (1-7)西湖
 〔読み〕さいこ
 〔所在市町村〕山梨県富士河口湖町
 (1-8)精進湖
 〔読み〕しょうじこ
 〔所在市町村〕山梨県富士河口湖町
 (1-9)本栖湖
 〔読み〕もとすこ
 〔所在市町村〕山梨県身延町・富士河口湖町
(2)富士山本宮浅間大社
〔読み〕ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ
〔所在市町村〕静岡県富士宮市
(3)山宮浅間神社
〔読み〕やまみやせんげんじんじゃ
〔所在市町村〕静岡県富士宮市
(4)村山浅間神社
〔読み〕むらやませんげんじんじゃ
〔所在市町村〕静岡県富士宮市
(5)須山浅間神社
〔読み〕すやませんげんじんじゃ
〔所在市町村〕静岡県裾野市
(6)冨士浅間神社(須走浅間神社)
〔読み〕ふじせんげんじんじゃ(すばしりせんげんじんじゃ)
〔所在市町村〕静岡県小山町
(7)河口浅間神社
〔読み〕かわぐちあさまじんじゃ
〔所在市町村〕山梨県富士河口湖町
(8)冨士御室浅間神社
〔読み〕ふじおむろせんげんじんじゃ
〔所在市町村〕山梨県富士河口湖町
(9)御師住宅(旧外川家住宅)
〔読み〕おしじゅうたく(きゅうとがわけじゅうたく)
〔所在市町村〕山梨県富士吉田市
(10)御師住宅(小佐野家住宅)
〔読み〕おしじゅうたく(おさのけじゅうたく)
〔所在市町村〕山梨県富士吉田市
(11)山中湖
〔読み〕やまなかこ
〔所在市町村〕山梨県山中湖村
(12)河口湖
〔読み〕かわぐちこ
〔所在市町村〕山梨県富士河口湖町
(13)忍野八海(出口池)
〔読み〕おしのはっかい(でぐちいけ)
〔所在市町村〕山梨県忍野村
(14)忍野八海(お釜池)
〔読み〕おしのはっかい(おかまいけ)
〔所在市町村〕山梨県忍野村
(15)忍野八海(底抜池)
〔読み〕おしのはっかい(そこぬけいけ)
〔所在市町村〕山梨県忍野村
(16)忍野八海(銚子池)
〔読み〕おしのはっかい(ちょうしいけ)
〔所在市町村〕山梨県忍野村
(17)忍野八海(湧池)
〔読み〕おしのはっかい(わくいけ)
〔所在市町村〕山梨県忍野村
(18)忍野八海(濁池)
〔読み〕おしのはっかい(にごりいけ)
〔所在市町村〕山梨県忍野村
(19)忍野八海(鏡池)
〔読み〕おしのはっかい(かがみいけ)
〔所在市町村〕山梨県忍野村
(20)忍野八海(菖蒲池)
〔読み〕おしのはっかい(しょうぶいけ)
〔所在市町村〕山梨県忍野村
(21)船津胎内樹型
〔読み〕ふなつたいないじゅけい
〔所在市町村〕山梨県富士河口湖町
(22)吉田胎内樹型
〔読み〕よしだたいないじゅけい
〔所在市町村〕山梨県富士吉田市
(23)人穴富士講遺跡
〔読み〕ひとあなふじこういせき
〔所在市町村〕静岡県富士宮市
(24)白糸ノ滝
〔読み〕しらいとのたき
〔所在市町村〕静岡県富士宮市
(25)三保松原
〔読み〕みほのまつばら
〔所在市町村〕静岡県静岡市
[編集部]
『木澤綏他著『富士山 自然の謎を解く』(1969・NHKブックス) ▽国立公園協会編『富士山総合学術調査報告書 富士山』全2冊(1971・富士急行株式会社・非売品) ▽清水清著『富士山の植物』(1977・東海大学出版会) ▽井上浩著『自然観察シリーズ・富士山の植物』(1982・小学館) ▽諏訪彰監修『富士山大雑学』(1983・廣済堂出版) ▽渡辺正臣著『富士山・富士五湖』(1989・実業之日本社・ブルーガイドブックス) ▽諏訪彰編『富士山――その自然のすべて』(1992・同文書院) ▽つじよしのぶ著『富士山の噴火――万葉集から現代まで』(1992・築地書館) ▽渡辺健二著『富士山の植物たち』(1993・静岡新聞社) ▽青弓社編集部編『富士山と日本人』(2002・青弓社) ▽志崎大策著『富士山測候所物語』(2002・成山堂書店) ▽『平野榮次著作集 富士信仰と富士講』(2004・岩田書院) ▽富士火山編集委員会編『富士火山(改訂版)』(2011・日本火山学会) ▽森下晶著『富士山』(講談社現代新書) ▽永原慶二著『富士山宝永大爆発』(集英社新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の富士山の言及

【小田原藩】より

…85年(貞享2)稲葉氏は越後国高田に移封,86年に老中大久保忠朝が下総国佐倉より再入部した(10万3000石,後に11万3000石)。その子忠増の代に1703年(元禄16)の大地震,07年(宝永4)の富士山噴火と苦難の藩政が続いた。噴火による被災地(駿河国駿東郡,相模国足柄上・下両郡)192ヵ村,5万6000石が上知となり伊豆,三河,美濃,播磨の4ヵ国11郡の村々が藩領に編入された。…

【浅間信仰】より

富士山に対する信仰のうち浅間神社を中心とする信仰をさしている。アサマともよばれており,本来は火山に対する名称とする説もある。…

【浅間神社】より

…静岡県富士宮市宮町に鎮座。現在正式には富士山本宮浅間(あさま)大社という。浅間大神(あさまのおおかみ),またの名木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)命をまつる。…

【側火山】より

…側火山,側火口の数はマグマの粘性が小さいほど,また本体の複成火山が大きいほど多い傾向がある。シチリア島のエトナ火山,富士山,ハワイの諸火山などの火山はそうした例である。 側噴火地点は山頂火口の下へ上昇してきたマグマが,垂直な割れ目を作っては満たしつつ放射方向に動いて山腹に達した点あるいは線を示している。…

【竹取物語】より

…平安前期の物語。1巻。別称《竹取の翁(おきな)》《かぐや姫の物語》《竹取翁物語》。作者不詳。成立時期は諸説があるが,9世紀後半から10世紀の初め,《古今集》成立以前とみられる。現存本はその後多少の改補がある。
[あらすじ]
 昔,竹取の翁という者が竹の中から見つけ出して育てた3寸ばかりの小さな女の子は,3月ほどで輝くばかりの美女となった。その後,翁は黄金(こがね)の入った竹を見つけることが重なり,翁の家は豊かになった。…

【富士信仰】より

…富士山を対象とする信仰。日本の山岳信仰の代表的なものである。…

【山開き】より

…この不入の禁を解いて,その年に初めて登山を許すのが山開きで,近世にはこの日に信者や講中の人々が山に登って御来光を仰ぐ行事が盛んになった。江戸では,大山(おおやま)に初山と称して6月に登る慣行があったし,富士山の山開きの旧6月1日には,町の富士塚に参詣・登拝する習俗があった。また,修験の山である月山や大峰山では,山開きに堂を開く戸開(とあけ)式が行われ,ともに旧4月8日であった。…

※「富士山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富士山の関連キーワード聳える聳ゆ毛無山背振山入山規制をめぐる首長の発言山梨県山梨市北山梨県山梨市大工山梨県山梨市西ソビエト演劇ソビエト美術

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士山の関連情報