コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺山 てらやま

大辞林 第三版の解説

てらやま【寺山】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の寺山の言及

【宿毛[市]】より

…市街地北西の丘陵には縄文時代の人骨も出土した宿毛貝塚(史)があり,東部の平田にはかつて曾我山古墳があり,近くに式内社の高知坐(たかちにます)神社がある。中山の延光寺は俗に寺山と呼ばれ,四国八十八ヵ所の第39番,土佐路最後の札所。延喜11年(911)の銘のある銅鐘(重要文化財)を蔵する。…

※「寺山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寺山の関連キーワード三原市棲真寺山オートキャンプ場富山県中新川郡上市町黒川血は立ったまま眠っている島根県隠岐郡海士町海士涙を、獅子のたて髪に三沢市寺山修司記念館奈良県天理市櫟本町岡山天体物理観測所山口県岩国市六呂師天竜奥三河国定公園夕陽に赤い俺の顔愛知県新城市門谷大阪府八尾市大竹青森県三沢市三沢古銅輝石安山岩わが恋の旅路アダムとイブ末寺山古墳群下馬 二五七湯谷[温泉]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺山の関連情報