コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一つ ヒトツ

2件 の用語解説(一つの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひと‐つ【一つ】

[名]
数の名。自然数のはじめ。いち。

㋐物などを数えるときの、1個。「りんごを―食べる」「―二つ間違ってもかまわない」「万に―の可能性」
㋑1杯。器に入った酒・水などにいう。また、少しの量。「冷たい水を―召し上がれ」
㋒年齢の、1歳。「―年を取る」「―半の幼児」
行為や状態のひとまとまり。副詞的に用いて、少し、の意をも表す。「今日は―気分がすぐれない」「今―調子が出ない」
同一なこと。同一にすること。「家計を―にする」「―屋根の下に暮らす」
形や表現は違っていても中身は同じであること。また、似ていること。一体。「全員が心を―にする」「世界は―だ」
厳密にいえば違うものでも、考えようによってはその範疇に入ること。一種。「これも人生の―だ」「それも―の考えだ」
他と比べて、一方。また、ある側面。一面。「―にはこういう解釈も成り立つ」
いくつかの事項を列挙するときに見出しとして用いる語。「―、本会は社員をもって構成する」「―、金(きん)壱万円也」
名詞の下に付いて、それ以外にはないことを強調する語。…だけ。「身―で脱出する」「母の手―で育てられる」「行くか行かないかは自分の決心―だ」
10 (打消しの語を伴って)あるものを代表させて、類似の事柄の全てを否定する語。…さえも。「ごみ―落ちていない」「あいさつ―できない」「風邪―ひかない」
11 奈良・平安時代の定時法で、十二辰刻の一つを四等分したものの第一。
12 第1。順序数の1番目。
[副]
これから行動を起こそうとするときに用いる語。ちょっと。さあ。試しに。「―やってみよう」「―歌でもいかがですか」
軽く依頼するときに用いる語。どうか。「―よろしくお願いします」
[下接句]此処(ここ)は一つ千に一つ百に一つ百日の説法屁(へ)一つ二つに一つ
「―参りさうなお顔でござる」〈虎明狂・鍋八撥
「―には御手を習ひ給へ。次にはきんの御琴を」〈・二三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひとつ【一つ】

( 名 )
いち。一個。物の数を数えるときに使う。 「 -,ふたつ」
一歳。 「 -年を取る」
同じであること。区別がないこと。
同一の物・場所であること。 「 -もの」 「 -ところ」
同じ状態であること。あたかも単一のものであるかのような状態を示すこと。 「世界は-」 「全員が-にまとまる」
それに属する一種。そのうちの一種と考えてよいもの。 「それも-の方法だ」 「施策の-といえる」
名詞の下に付けて,限定または強調したり,最低または最少の例としてあげ,他を類推させるときに用いる。 「身-で来る」 「塵-落ちていない」 「挨拶あいさつ-満足にできない」 「何-残さない」 「どれ-として満足なものはない」
そうすることによって決まる,それ次第であることを強調していうときに用いる。 「やるかやめるか決心-だ」 「心の持ちよう-でどうにでも変わる」
箇条書きの文書で,各条の初めにつける語。 「 -,軍人は忠節を尽くすを本分とすべし」
容器に一杯。酒・水などにいう。 「酒しゆを-持ちて候/謡曲・一角仙人」
昔の時刻で,一刻を四つに分けた第一。 「子-」
( 副 )
流れに区切りをつけて,新しい事態とみなして対応する気持ちを表す。人を誘ったり,決意したりするときなどに用いる。 「今夜は-盛大にやってくれ」 「ここは-慎重に行こう」 〔何かを頼む場合,それが軽い物事であることを強調する気持ちを込めて用いる。「-穏便に願います」〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一つの関連キーワードGCM自然数四則五つ可算集合九つ七つ二つGCDHCF

一つの関連情報