コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姓氏 ショウジ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じ〔シヤウ‐〕【姓氏】

せいし(姓氏)

せい‐し【姓氏】

姓(かばね)と氏(うじ)。また、名字(みょうじ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいし【姓氏】

呉音で〈しょうじ〉とも読む。一般には,父系血縁集団を意味するが,その具体的な内容は中国と日本では異なっているし,日本においても時代によって相違している。中国や朝鮮では同姓不婚の規制が厳しいのに対し,日本では族内婚は社会的に忌避されていない。 古代の中国では,〈姓〉字は同一の祖先出自し,同一の祖神を信奉する血縁集団を指しており,ラテン語のgens,英語のclanにほぼ該当する語であった。これに対して〈氏〉の字は〈姓〉を構成する個々の家族,または同一の祖先から分岐した家族を意味していたが,漢代のころから姓と氏とは混用されるようになり,姓=氏と言う傾向が顕著となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の姓氏の言及

【姓氏】より

… 奈良・平安時代を通じて,氏は遺制でありながらも政治的・社会的に尊重されていた。それだけに氏の出自や姓を明確にしておくことは為政者にとって肝要であったため,官撰の《新撰姓氏録》30巻のような提要書が編纂された。中央・地方を問わず,有力な氏は氏神をまつる神社とは別に氏寺を建立した。…

※「姓氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

姓氏の関連キーワード曽禰・曾禰・曽祢・曾祢曽我・曾我蘆野・芦野柳川・柳河芦田・蘆田姉小路十一谷河原崎矢内原川之辺飛鳥部矢田部鹿児島三輪田鹿子木田久保八十村多治見赤堀秋田

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姓氏の関連情報