コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊攘運動 そんじょううんどう

百科事典マイペディアの解説

尊攘運動【そんじょううんどう】

尊王攘夷運動

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の尊攘運動の言及

【明治維新】より

…ここに儒教的名分論としての〈尊王論〉と〈攘夷論〉とは結合し,尊王攘夷運動の展開となった。この尊攘運動の主体は,運動の進展とともにいっそう下降し,また,個人的術策から集団的行動へと形態も変化した。そして,〈天誅〉や各地の相つぐ挙兵など運動の激化と相まって,いっさいの価値の源泉を天皇に求めて観念化していった。…

※「尊攘運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尊攘運動の関連キーワード有栖川宮熾仁親王今井太郎右衛門池田屋惣兵衛佐久間佐兵衛竹内正兵衛横田清兵衛信太仁十郎扇格左衛門大和国之助会沢正志斎品川弥二郎伊藤惣兵衛頼三樹三郎楢崎弥八郎渡辺内蔵太勝野森之介奥田万次郎湯浅征一郎加須屋貞蔵太田小三郎