コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小スキピオ ショウスキピオ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐スキピオ〔セウ‐〕【小スキピオ】

スキピオ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小スキピオ
しょうスキピオ

スキピオ・アエミリアヌス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の小スキピオの言及

【スキピオ[小]】より

…共和政末期ローマの政治家,将軍。ピュドナの戦の勝者アエミリウス・パウルスの子。大スキピオの長子の養子。幼少からギリシア文化に親しんだが,前168年ピュドナの戦に従軍し,ほぼ前167年以降ポリュビオスと親交を結び,その影響を受けた。前151年スペインで軍功をたて,前149年以降は第3ポエニ戦争で活躍し,前147年,若年にしてコンスル(執政官)に選ばれ,アフリカの軍指揮権を与えられるや,軍規をたて直した末,カルタゴを攻囲,前146年これを滅ぼし,〈アフリカヌス〉の尊称を得た。…

※「小スキピオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小スキピオの関連キーワードパウルス・マケドニクスアエミリウス・パウルスケルト・イベリア人スキピオのサークルスキピオ[小]パナイティオスグラックス兄弟テレンティウスポリュビオス友情について老年についてハスドルバルポエニ戦争ラエリウスクラッススコルネリアルキリウスポリビオスマリウスユグルタ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android