小人閑居して不善をなす(読み)ショウジンカンキョシテフゼンヲナス

大辞林 第三版の解説

しょうじんかんきょしてふぜんをなす【小人閑居して不善をなす】

〔大学〕
小人はひまでいると、とかくよくないことをする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうじん【小人】 閑居(かんきょ)して不善(ふぜん)をなす

(「礼記‐大学」の「小人間居為不善、無至」による) 徳のない、品性の卑しい人は暇であるととかく良くないことをする。
※俳諧・本朝文選(1706)三〈汶村〉「小人閑居して不善をなすとは、此閑居の見通しなるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小人閑居して不善をなすの関連情報