小人閑居して不善をなす(読み)ショウジンカンキョシテフゼンヲナス

  • しょうじん
  • 小人
  • 小人(しょうじん)閑居して不善をなす
  • 閑居(かんきょ)して不善(ふぜん)をなす

大辞林 第三版の解説

大学
小人はひまでいると、とかくよくないことをする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「礼記‐大学」の「小人間居為不善、無至」による) 徳のない、品性の卑しい人は暇であるととかく良くないことをする。
※俳諧・本朝文選(1706)三〈汶村〉「小人閑居して不善をなすとは、此閑居の見通しなるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

つまらない人物は、暇ができると悪いことをしがちである、ということ。

[使用例] 小人閑居して不善をなすということわざがあるが、私のような君子は、『ソノ赴ク所ニ楽シミヲ求ム』ことができるのである[遠藤周作*ボクは好奇心のかたまり|1976]

[由来] 「礼記―大学」の一節から。「小人閑居して不善をす」のに対して、「君子」は一人でいる時でも行いに気をつける、と述べています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android