コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山藩 おやまはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小山藩
おやまはん

江戸時代初期,下野国 (現栃木県) 都賀郡小山地方を領有した譜代小藩。慶長7 (1602) 年本多正純が3万 3000石で入封立藩,元和5 (19) 年本多氏が宇都宮 15万 5000石の藩主になるとその支封となり,同8年除封。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android