小招寺(読み)しょうしょうじ(英語表記)Xiao-zhao si; Hsiao-chao ssǔ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小招寺
しょうしょうじ
Xiao-zhao si; Hsiao-chao ssǔ

中国チベット自治区ラサにある最古の仏寺に対する中国側の呼称。チベットではギャタク・ラモチェ rGya btags Ra mo cheと呼ぶ。唐から迎えられた文成公主が,643年頃没したグンソン・グンツェン王の菩提のために建立したと推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android