コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松屋百亀 こまつや ひゃっき

朝日日本歴史人物事典の解説

小松屋百亀

没年:寛政5.12.9(1794.1.10)
生年享保5(1720)
江戸後期の浮世絵師。通称三右衛門,別号に不知足山人,和気春風などがある。小松軒とも。江戸飯田町で薬種商を営んだと伝える。鈴木春信と同じく絵暦の版下絵をもっぱら描き,自らその工案者ともなる。艶本春画なども作画したが,このほか噺本を執筆したことも知られる。

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

小松屋百亀の関連キーワード小松百亀江戸小咄こまつ没年

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android