層位(読み)そうい

精選版 日本国語大辞典「層位」の解説

そう‐い ‥ヰ【層位】

〙 =そうじょ(層序)〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の層位の言及

【土壌】より

…地表に露出した岩石が風化作用によって破砕され,その場所に集積するか,水,風,重力,氷河などの作用によって風化生産物の礫(れき),砂,粘土などが運搬されて集積する。第2段階は層位の形成である。
[層位]
 土壌は地表面にほぼ平行に分化した層をもち,各層は土色,土性,構造,各種化学的性質のうちの少なくとも一つ以上の性質が異なっている。…

※「層位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android