コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本長五郎 ヤマモトチョウゴロウ

大辞林 第三版の解説

やまもとちょうごろう【山本長五郎】

1820~1893) 幕末・維新期の俠客。駿河国清水港の人。米問屋山本次郎八の養子。通称、清水次郎長。甲州黒駒勝蔵、桑名の安濃徳あのうとくとの抗争で知られる。維新後は富士の裾野の開墾に尽くした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本長五郎
やまもとちょうごろう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山本長五郎の言及

【清水次郎長】より

…駿河国有渡郡清水湊の海運業三右衛門の三男として生まれ,のち母の弟である米屋山本次郎八の養子となる。山本長五郎が本名で次郎長は通称。幼年期より粗暴の性質であった。…

※「山本長五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報