コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡地貞政 おかち さだまさ

2件 の用語解説(岡地貞政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡地貞政 おかち-さだまさ

暹羅屋勘兵衛(しゃむろや-かんべえ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡地貞政

没年:慶安2.4.3(1649.5.14)
生年:永禄9頃(1566)
江戸前期の商人。近江国(滋賀県)蒲生郡八幡町出身。父定成が早くに死亡,叔父の定重(医者)に養われ,元和年中(1615~24)八幡町に移住した。暹羅国(タイ)に渡航し,日本へ暹羅染,つまり更紗染の技術を伝えたといわれる。だが,貞政とその息子のふたりとも海外渡航を示す記録類は現存せず,いずれが暹羅染をもたらしたのかは不明。子孫の貞能の代から代々暹羅屋勘兵衛を名乗り,子孫は明治維新に至るまで同地で染物業を営んだ。歴代の墓が近江八幡市西光寺にある。<参考文献>川島元次郎『朱印船貿易史』

(岩崎義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡地貞政の関連キーワード滋賀県蒲生郡竜王町綾戸滋賀県蒲生郡日野町大窪滋賀県蒲生郡竜王町鏡滋賀県蒲生郡滋賀県蒲生郡竜王町島滋賀県蒲生郡日野町杣滋賀県蒲生郡日野町迫滋賀県蒲生郡日野町原滋賀県蒲生郡日野町滋賀県蒲生郡日野町松尾

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone