コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山幸吉 おかやまの こうきち

朝日日本歴史人物事典の解説

岡山幸吉

没年:嘉永4(1851)
生年:生年不詳
江戸期の幻想的発明家。備前岡山の出身で「岡山の」と呼ばれる。表具師であった。伝えられるところによれば,鳩の飛翔を熱心に観察し,そこから人間の飛翔器を設計,翼をはばたかせるからくりを考案し,実際にも飛んでみせたといわれるが,詳細については不明のところが多い。世人を騒がすものとして追放され失意のうちに没したともいわれる。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

岡山幸吉の関連キーワード表具師幸吉没年

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android