岩国錦帯橋空港(読み)いわくにきんたいきょうくうこう(英語表記)IWAKUNI KINTAKYO AIRPORT

知恵蔵miniの解説

岩国錦帯橋空港

米軍岩国基地の滑走路を使用する軍民共用空港の愛称前身岩国飛行場は1939年に大日本帝国軍の飛行場として開港したが、終戦とともに接収され、52年米軍に移管、57年より日米共用基地となっていた。2005年1月、米軍の運用を妨げないとの条件付きで日米両政府が民間機就航に合意。国内98番目の空港として、12年12月13日に民間開港した。米軍との共用空港は青森県の三沢空港に続き2カ所目。全日本空輸株式会社(ANA)が羽田線1日4往復を運航し、国交省は年間約35万人の利用を見込んでいる。

(2012-12-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩国錦帯橋空港の関連情報