コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崩え イワクエ

デジタル大辞泉の解説

いわ‐くえ〔いは‐〕【岩崩え】

《「くえ」は動詞「く(崩)ゆ」の連用形》岩が崩れること。また、崩れた所。
「鎌倉の見越(みごし)の崎の―の君が悔ゆべき心は持たじ」〈・三三六五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いわくえ【岩崩え】

〔「くえ」は「くゆ(崩)」の連用形の名詞化〕
岩の崩れること。また、崩れた所。 「鎌倉の見越の崎の-の/万葉集 3365

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android