コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉 カマクラ

デジタル大辞泉の解説

かまくら【鎌倉】

神奈川県南東部の市。南は相模(さがみ)湾に面し、三方は丘陵や谷が多い。鎌倉幕府が置かれた地で、幕府跡・鶴岡八幡宮建長寺円覚寺長谷(はせ)の大仏長谷観音などの史跡・社寺や文化財が多い。由比ヶ浜(ゆいがはま)材木座海岸は海水浴場。住宅地。人口17.4万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かまくら【鎌倉】

神奈川県南東部、相模湾に臨む市。鎌倉時代、日本の政治・軍事の中心地。幕府跡・鶴岡八幡宮・長谷の大仏・建長寺・円覚寺など多くの史跡・文化財がある。また、京浜地方の海水浴場・住宅地。

かまくら【鎌倉】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鎌倉の関連情報