鎌倉(読み)かまくら

精選版 日本国語大辞典「鎌倉」の解説

かまくら【鎌倉】

[一] 神奈川県南東部、三浦半島西岸の地名。建久三年(一一九二)、源頼朝が幕府を開いて、政治の中心となったが、室町末期には衰微。長谷(はせ)の大仏、鶴岡八幡宮、鎌倉五山など史跡、社寺が多く、その西方に江の島がある。また、今日では高級住宅地として有名であり、行楽地、海水浴場としても知られる。昭和一四年(一九三九)市制。
[二] 神奈川県の東部にあった郡。昭和一四年(一九三九)以降、鎌倉市・横浜市・藤沢市に順次編入され、同二三年消滅。

かまくら【鎌倉】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「鎌倉」の解説

鎌倉
かまくら

神奈川県三浦半島基部にあり,相模湾に面した都市。鎌倉幕府の所在地
源頼義が,八幡宮を勧請して以来源氏ゆかりが深く,1180年源頼朝要害地形に着目してここを根拠地とした。1333年鎌倉幕府滅亡まで武家政治の中心地として繁栄室町時代には,足利基氏とその子孫鎌倉公方として居住。1455年足利成氏が古河 (こが) に出奔してから政治都市としての生命は衰えた。近世以降は観光地として発展。1939年市制施行。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「鎌倉」の解説

かまくら【鎌倉】

神奈川県東部の市。南は相模(さがみ)湾に面し、三方丘陵が多い。鎌倉幕府が置かれた地で、幕府跡・鶴岡八幡宮建長寺円覚寺長谷(はせ)の大仏長谷観音などの史跡社寺文化財が多い。由比ヶ浜(ゆいがはま)材木座海岸海水浴場。住宅地。人口17.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「鎌倉」の解説

鎌倉
(通称)
かまくら

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
鎌倉三代記
初演
享保4.1(京・大和山座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android