鎌倉(読み)カマクラ

デジタル大辞泉の解説

かまくら【鎌倉】

神奈川県南東部の市。南は相模(さがみ)湾に面し、三方丘陵や谷が多い。鎌倉幕府が置かれた地で、幕府跡・鶴岡八幡宮建長寺円覚寺長谷(はせ)の大仏長谷観音などの史跡社寺文化財が多い。由比ヶ浜(ゆいがはま)材木座海岸は海水浴場。住宅地。人口17.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かまくら【鎌倉】

神奈川県南東部、相模湾に臨む市。鎌倉時代、日本の政治・軍事の中心地。幕府跡・鶴岡八幡宮・長谷の大仏・建長寺・円覚寺など多くの史跡・文化財がある。また、京浜地方の海水浴場・住宅地。

かまくら【鎌倉】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎌倉の関連情報