コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川浸り餅 カワビタリモチ

デジタル大辞泉の解説

かわびたり‐もち〔かはびたり‐〕【川浸り餅】

川浸りの日につく餅。川渡り餅。乙子(おとご)餅。かびたれもち。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の川浸り餅の言及

【川浸り】より

…この日,餅やだんごをつくり川へ投げ入れる習慣は広く全国にわたっていた。これを〈川浸り餅〉〈川渡り餅〉などといい,河童に引き込まれないよう河童に与えてやるとか,これを食べると川でおぼれぬなどという。中国地方ではぼた餅を膝などに塗りつけると川で転ばぬといい,関東ではこの日の早朝,子どもが川にしりをつけると河童にさらわれないと伝えており,水難を防ごうとする意識がうかがわれる。…

※「川浸り餅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川浸り餅の関連キーワード

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android