左回り(読み)ヒダリマワリ

大辞林 第三版の解説

ひだりまわり【左回り】

左の方にまわること。時計の針と反対の方向にまわること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の左回りの言及

【右と左】より

…ここから左手と右手の機能分化が導かれ,さらには,それに対応する神経中枢,右脳と左脳の分業化がもたらされることになった。左右優位相称対称
[運動における左右性]
 回転運動には,その方向が必ず2通りあるが,そのいずれを左回り,右回りと呼ぶかは,構造における左右性よりもさらに問題が複雑である。最も簡便な表現は時計の針の回転方向を右回りとすることで,英語でも右回りをclockwise,左回りをcounterclockwiseまたはanticlockwiseと呼んでいる。…

※「左回り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左回りの関連情報