コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左回り ヒダリマワリ

デジタル大辞泉の解説

ひだり‐まわり〔‐まはり〕【左回り】

左の方へ向かって回ること。時計の進む方向と逆に回ること。反時計回り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひだりまわり【左回り】

左の方にまわること。時計の針と反対の方向にまわること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の左回りの言及

【右と左】より

…ここから左手と右手の機能分化が導かれ,さらには,それに対応する神経中枢,右脳と左脳の分業化がもたらされることになった。左右優位相称対称
[運動における左右性]
 回転運動には,その方向が必ず2通りあるが,そのいずれを左回り,右回りと呼ぶかは,構造における左右性よりもさらに問題が複雑である。最も簡便な表現は時計の針の回転方向を右回りとすることで,英語でも右回りをclockwise,左回りをcounterclockwiseまたはanticlockwiseと呼んでいる。…

※「左回り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

左回りの関連キーワードインディアナポリス・500マイル・レースカーン‐インゴルド‐プレログ則トロブリアンド諸島民ストークスパラメータマハカリ・ピャクンショートトラックレーザージャイロバックギャモンリバースターンインディ500ベーリング海NASCAR円偏光二色性暴風の法則ベルデ定数アラスカ湾閉塞前線さざえ堂船降ろしアゾフ海

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左回りの関連情報