方向(読み)ホウコウ

デジタル大辞泉「方向」の解説

ほう‐こう〔ハウカウ〕【方向】

物が向いたり、進んだりする方。向き。方角。「北の方向を指す」「右の方向から風が吹く」「進行方向
気持ちや行動の向かうところ。めざすところ。方針。「将来の方向を決める」「妥協の方向で話し合いがまとまる」
[用法]方向・方角――「県庁の方向(方角)に火の手が上がった」のように、向きの意では相通じて用いる。◇「方向」は上下左右などに向いたり進んだりする向きで、特に東西南北を基準にはしない。「右の方向へハンドルを切れ」「方向転換」「x軸の負の方向」◇「方角」はある地点を基準にした東西南北の向き。「うしとらの方角を鬼門という」◇類似の語の「方位」は東西南北を基準として位置づけた向きの意で、専門用語として多く用いる。「羅針盤で方位を確かめる」「方位計」
[類語](1方角方位向き方面見当/(2目途目標目安対象矛先当たり目当て目的標的狙いターゲット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「方向」の解説

ほう‐こう ハウカウ【方向】

〘名〙
① 向いたり、進んだりする方。むき。〔布令字弁(1868‐72)〕 〔紅楼夢‐三九回〕
② めあてとする物事。方針。
※太政官第二一四号‐明治五年(1872)八月二日(法令全書)「人其方向を誤り学問は士人以上の事とし」
③ 志の向かうところ。身の振り方。〔新令字解(1868)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android