方向(読み)ホウコウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐こう〔ハウカウ〕【方向】

物が向いたり、進んだりする方。向き。方角。「北の方向を指す」「右の方向から風が吹く」「進行方向
気持ちや行動の向かうところ。めざすところ。方針。「将来の方向を決める」「妥協の方向で話し合いがまとまる」
[用法]方向・方角――「県庁の方向(方角)に火の手が上がった」のように、向きの意では相通じて用いる。◇「方向」は上下左右などに向いたり進んだりする向きで、特に東西南北を基準にはしない。「右の方向へハンドルを切れ」「方向転換」「x軸の負の方向」◇「方角」はある地点を基準にした東西南北の向き。「艮(うしとら)の方角を鬼門という」◇類似の語の「方位」は東西南北を基準として位置づけた向きの意で、専門用語として多く用いる。「羅針盤で方位を確かめる」「方位計」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうこう【方向】

むき。方角。 「 -を誤る」
進むべき道。進路。方針。めあて。 「研究の-が決まる」 「和解の-で話がまとまる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方向の関連情報