巨勢斐太島村(読み)こせのひだの しまむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢斐太島村 こせのひだの-しまむら

?-? 奈良時代の官吏。
平城京留守司,南海道巡察使をへて,天平(てんぴょう)18年(746)刑部少輔(ぎょうぶのしょう)となった。氏は巨勢斐多ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android