巨勢斐太島村(読み)こせのひだの しまむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢斐太島村 こせのひだの-しまむら

?-? 奈良時代の官吏。
平城京留守司,南海道巡察使をへて,天平(てんぴょう)18年(746)刑部少輔(ぎょうぶのしょう)となった。氏は巨勢斐多ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android