コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨細胞封入体症 きょさいぼうふうにゅうたいしょう

世界大百科事典内の巨細胞封入体症の言及

【サイトメガロウイルス感染】より

…垂直感染には二つの感染様式がある。一つは,妊婦の胎盤を通して起こる胎児感染で,この場合,新生児は無症状なものから,巨細胞封入体症として小頭症,肺炎,肝脾腫,紫斑,低体重出生などを呈し,致死的な先天性異常をきたすものまで,病像は多彩である。欧米では先天性サイトメガロウイルス感染を受ける新生児は0.5~2.0%で,このうちの0.5%くらいが新生児期に臨床症状を呈する。…

※「巨細胞封入体症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巨細胞封入体症の関連キーワードサイトメガロウイルス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android