差し付け(読み)サシツケ

デジタル大辞泉の解説

さし‐つけ【差し付け】

[形動]《近世語》あからさまであるさま。ぶしつけ。
「近頃―な事なれど」〈伎・貞操花鳥羽恋塚〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さしつけ【差し付け】

( 形動 )
〔近世語〕
だしぬけであるさま。 「私を何と-に言ふも恥かし/清元・鳥羽絵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android