近世語(読み)キンセイゴ

デジタル大辞泉の解説

きんせい‐ご【近世語】

国語史で、江戸時代の言語。およそ享保(1716~1736)または宝暦(1751~1764)ごろを境に前・後期に二分される。前期は京・大坂を中心に行われた上方(かみがた)語勢力をもち、後期は、東国語を基盤として江戸に発達した江戸語が成立して上方語と並び、またそれ以上の勢力をもち、次第に共通語的性格を有するようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんせいご【近世語】

国語史の上で江戸時代の言語をいう。この時代の言語は、ふつう享保(1716~1736)あるいは宝暦(1751~1764)ごろを境として前期と後期に分けられる。前期は上方語(京坂語)中心、後期は江戸語中心の時期とされる。後期においても、上方語はなお全国に通用する言語であり、江戸語とともに二大言語圏を形づくっていたが、次第に江戸語の影響力が大きくなり、明治維新とともに、江戸語は東京語へと引きつがれていく。 → 上方語江戸語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きんせい‐ご【近世語】

〘名〙 近世の言語、また単語。
※法窓夜話(1916)〈穂積陳重〉六五「オースチン夫人サラーは〈略〉殊に古文学及び近世語に熟達して居った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android