近世語(読み)キンセイゴ

デジタル大辞泉の解説

きんせい‐ご【近世語】

国語史で、江戸時代の言語。およそ享保(1716~1736)または宝暦(1751~1764)ごろを境に前・後期に二分される。前期は京・大坂を中心に行われた上方(かみがた)語勢力をもち、後期は、東国語を基盤として江戸に発達した江戸語が成立して上方語と並び、またそれ以上の勢力をもち、次第に共通語的性格を有するようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんせいご【近世語】

国語史の上で江戸時代の言語をいう。この時代の言語は、ふつう享保(1716~1736)あるいは宝暦(1751~1764)ごろを境として前期と後期に分けられる。前期は上方語(京坂語)中心、後期は江戸語中心の時期とされる。後期においても、上方語はなお全国に通用する言語であり、江戸語とともに二大言語圏を形づくっていたが、次第に江戸語の影響力が大きくなり、明治維新とともに、江戸語は東京語へと引きつがれていく。 → 上方語江戸語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android