コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世語 キンセイゴ

2件 の用語解説(近世語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんせい‐ご【近世語】

国語史で、江戸時代の言語。およそ享保(1716~1736)または宝暦(1751~1764)ごろを境に前・後期に二分される。前期は京・大坂を中心に行われた上方(かみがた)語が勢力をもち、後期は、東国語を基盤として江戸に発達した江戸語が成立して上方語と並び、またそれ以上の勢力をもち、次第に共通語的性格を有するようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんせいご【近世語】

国語史の上で江戸時代の言語をいう。この時代の言語は、ふつう享保(1716~1736)あるいは宝暦(1751~1764)ごろを境として前期と後期に分けられる。前期は上方語(京坂語)中心、後期は江戸語中心の時期とされる。後期においても、上方語はなお全国に通用する言語であり、江戸語とともに二大言語圏を形づくっていたが、次第に江戸語の影響力が大きくなり、明治維新とともに、江戸語は東京語へと引きつがれていく。 → 上方語江戸語

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近世語の関連キーワードメタ言語安藤正次国立国語研究所言語四種論国語史上代語蛮語母国語外国語《言語史原理》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone