コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世語 キンセイゴ

デジタル大辞泉の解説

きんせい‐ご【近世語】

国語史で、江戸時代の言語。およそ享保(1716~1736)または宝暦(1751~1764)ごろを境に前・後期に二分される。前期は京・大坂を中心に行われた上方(かみがた)語勢力をもち、後期は、東国語を基盤として江戸に発達した江戸語が成立して上方語と並び、またそれ以上の勢力をもち、次第に共通語的性格を有するようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんせいご【近世語】

国語史の上で江戸時代の言語をいう。この時代の言語は、ふつう享保(1716~1736)あるいは宝暦(1751~1764)ごろを境として前期と後期に分けられる。前期は上方語(京坂語)中心、後期は江戸語中心の時期とされる。後期においても、上方語はなお全国に通用する言語であり、江戸語とともに二大言語圏を形づくっていたが、次第に江戸語の影響力が大きくなり、明治維新とともに、江戸語は東京語へと引きつがれていく。 → 上方語江戸語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

近世語の関連キーワードあったぼこしゅもないきょうとなげむげつけないでっかちないとでもない追っ掛ける憎体らしい有力な方言みちれないせぐるしい沢山さう気術無い行儀強い欲どしい大事ないじゃみる異なりい差し付けむげない大切ない

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android