コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河興仙(読み)いちかわ こうせん

朝日日本歴史人物事典の解説

市河興仙

生年:生没年不詳
南北朝・室町時代の武将。助房の子。実名は頼房,幼名松王丸。刑部大輔,甲斐守。康永2/興国4(1343)年市河氏の総領職,本拠信濃国高井郡志久見郷(長野県下水内郡栄村,下高井郡野沢温泉村)ほかの所領を父より受け継いだ。応安1/正平23(1368)年守護上杉朝房に従い,鎌倉府に抗した武蔵国人たちの平一揆や宇都宮氏綱を攻め,嘉慶1/元中4(1387)年には守護斯波義種に抗した村上頼国らと戦っている。また大文字一揆などと戦った応永7(1400)年の大塔合戦でも守護小笠原長秀に従うなど,一貫して守護方に属し,歴代の信濃守護より所領を安堵されている。<参考文献>「市河文書」(『新編信濃史料叢書』3巻),『長野県史〈通史編3〉中世2』

(堀内亨)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android