コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河興仙 いちかわ こうせん

2件 の用語解説(市河興仙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市河興仙 いちかわ-こうせん

市河頼房(いちかわ-よりふさ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

市河興仙

生年:生没年不詳
南北朝・室町時代の武将。助房の子。実名は頼房,幼名松王丸。刑部大輔,甲斐守。康永2/興国4(1343)年市河氏の総領職,本拠信濃国高井郡志久見郷(長野県下水内郡栄村,下高井郡野沢温泉村)ほかの所領を父より受け継いだ。応安1/正平23(1368)年守護上杉朝房に従い,鎌倉府に抗した武蔵国人たちの平一揆や宇都宮氏綱を攻め,嘉慶1/元中4(1387)年には守護斯波義種に抗した村上頼国らと戦っている。また大文字一揆などと戦った応永7(1400)年の大塔合戦でも守護小笠原長秀に従うなど,一貫して守護方に属し,歴代の信濃守護より所領を安堵されている。<参考文献>「市河文書」(『新編信濃史料叢書』3巻),『長野県史〈通史編3〉中世2』

(堀内亨)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市河興仙の関連キーワード菊池兼朝吉良俊氏五条良量相良前頼伊達範宗東師氏土岐頼忠仁木義員三浦高連遊佐国長

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone