コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河頼房 いちかわ よりふさ

1件 の用語解説(市河頼房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市河頼房 いちかわ-よりふさ

?-? 南北朝-室町時代の武将。
父助房より信濃(しなの)(長野県)志久見郷などの所領をつぐ。応安元=正平(しょうへい)23年(1368)信濃の守護上杉朝房(ともふさ)のもとで,宇都宮氏綱らがおこした武蔵(むさし)の平一揆(へいいっき)を制圧する。のち出家し興仙と称する。応永6年(1399)小笠原長秀の守護着任をこばむ信濃国一揆(大塔合戦)の際も,守護方としてたたかった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

市河頼房の関連キーワード菊池兼朝吉良俊氏五条良量相良前頼武田信春東師氏長瀬泰貞仁木義員波多野通郷遊佐国長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone