コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河頼房(読み)いちかわ よりふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市河頼房 いちかわ-よりふさ

?-? 南北朝-室町時代の武将。
父助房より信濃(しなの)(長野県)志久見郷などの所領をつぐ。応安元=正平(しょうへい)23年(1368)信濃の守護上杉朝房(ともふさ)のもとで,宇都宮氏綱らがおこした武蔵(むさし)の平一揆(へいいっき)を制圧する。のち出家し興仙と称する。応永6年(1399)小笠原長秀の守護着任をこばむ信濃国一揆(大塔合戦)の際も,守護方としてたたかった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android