コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふさ フサ

デジタル大辞泉の解説

ふさ

[副]《房のように多くのものが集まっているところからか》たくさん。一説に、みな、すべての意とも。
「射目(いめ)立てて跡見(とみ)の岡辺のなでしこが花―手折り我(わ)は持ちて行く奈良人のため」〈・一五四九〉
[形動ナリ]多いさま。おびただしいさま。
「馬どもなど、―に引き散らかいて、騒ぐ」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふさ

( 形動ナリ )
〔「ふさ(総)」と同源か〕
多いさま。たくさん。 「うかれめども-なり/宇津保 祭の使」 「今は高き峰になむのぼり侍るべき、など-に書きたり/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ふさの関連キーワード亀山藩(伊勢国)為永春水(2代)しもふさクリテ藤原季房(2)藤原時房(2)万里小路正房関沢安左衛門万里小路充房世尊寺行房高畠総次郎徳大寺公維早乙女清房慈心(3)一条行房吉田経房相応しい太田氏房久松定房藤原実房小出吉重

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふさの関連情報