ふさ(読み)フサ

デジタル大辞泉の解説

[副]《房のように多くのものが集まっているところからか》たくさん。一説に、みな、すべての意とも。
「射目(いめ)立てて跡見(とみ)の岡辺のなでしこが花―手折り我(わ)は持ちて行く奈良人のため」〈・一五四九〉
[形動ナリ]多いさま。おびただしいさま。
「馬どもなど、―に引き散らかいて、騒ぐ」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

形動ナリ
ふさ(総)と同源か
多いさま。たくさん。 うかれめども-なり/宇津保 祭の使 今は高き峰になむのぼり侍るべき、など-に書きたり/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふさの関連情報