ふさ(読み)フサ

デジタル大辞泉の解説

ふさ

[副]《房のように多くのものが集まっているところからか》たくさん。一説に、みな、すべての意とも。
「射目(いめ)立てて跡見(とみ)の岡辺のなでしこが花―手折り我(わ)は持ちて行く奈良人のため」〈・一五四九〉
[形動ナリ]多いさま。おびただしいさま。
「馬どもなど、―に引き散らかいて、騒ぐ」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふさ

( 形動ナリ )
〔「ふさ(総)」と同源か〕
多いさま。たくさん。 「うかれめども-なり/宇津保 祭の使」 「今は高き峰になむのぼり侍るべき、など-に書きたり/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふさの関連情報