コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐井宮 ときわいのみや

世界大百科事典内の常磐井宮の言及

【宮家】より

…この間にあって宮家として存立し,皇親の身分を相承したのは,いわゆる世襲親王家である。その初例は鎌倉中期,亀山天皇の皇子恒明親王を始祖とする常磐井(ときわい)宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。これに次ぐのは後二条天皇の皇子邦良親王に始まる木寺宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。…

※「常磐井宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

常磐井宮の関連キーワード八条宮智仁親王満仁親王全仁親王文仁親王恒明親王全明親王恒直親王桂離宮作宮桂宮興胤宮家