コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作宮 さくのみや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

作宮 さくのみや

1689-1692 江戸時代前期,霊元天皇の皇子。
元禄(げんろく)2年6月27日生まれ。同年八条宮(桂宮の初称)尚仁(なおひと)親王の跡をつぎ,常磐井宮(ときわいのみや)とあらためたが,元禄5年4月23日4歳で死去したため,この宮号は作宮1代でおわった。幼名正宮(まさのみや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

作宮 (さくのみや)

生年月日:1689年6月27日
江戸時代中期の霊元天皇の第8皇子
1692年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

作宮の関連キーワード文仁親王五条経子常盤井宮余貴美子霊元天皇生年月日林光皇子