コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庇い手 カバイテ

デジタル大辞泉の解説

かばい‐て〔かばひ‐〕【×庇い手】

相撲で、重なり合って倒れるとき、上になったほうが相手をかばうために先に手をつくこと。負けにならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かばいて【庇い手】

相撲で、重なりあって倒れる時、上になった者がすでに体たいのない相手をかばうために先に手をつくこと。負けにならない。
かばってくれる人。 「 -がいない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

庇い手の関連キーワード相撲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android