相手(読み)アイテ

デジタル大辞泉の解説

あい‐て〔あひ‐〕【相手】

一緒になって物事をする、一方の人。「孫の相手をする」「話し相手
その行為の対象となるもの。「交渉の相手」「相手の出方を見る」「子供相手の商売」
対抗して勝負を争う人。「相手にとって不足はない」「相手にならない」「手ごわい相手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいて【相手】

事を行うときのもう一方の側。
一緒にする人。相棒。仲間。 「結婚の-」 「遊び-」
対抗すること。また、対抗する人。 「 -チーム」 「弱過ぎて-にならない」 「 -にとって不足はない」
付き合うこと。世話をすること。また、その人。 「子供のお-をさせられて疲れた」
はたらきかける対象。 「学生-の商売」 「 -に合わせて話題を選ぶ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相手の関連情報