コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庖丁

デジタル大辞泉プラスの解説

庖丁

古典落語の演目のひとつ。上方種。「出刃丁」「庖丁間男」とも。明治中期までは「えびっちゃま」と題された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の庖丁の言及

【天理】より

…天理という言葉それ自体は,すでに《荘子》養生主篇に〈天理に依(よ)りて大いなる郤(すきま)を批(う)つ〉とみえている。この言葉は庖丁(ほうてい)という名料理人が牛の解体法をきかれたときに発したもので,ここでいう天理は牛の体のなかにある天然のすじめという具体的なものを指している。《荘子》外・雑篇になると,自然の理法といった,より抽象的な意味の天理がしばしばあらわれる。…

【料理人】より

…膳夫の語は,唐代の《膳夫経》や北宋から南宋にかけての料理書《膳夫録》などの書名になごりを残す。日本では庖丁は料理用の刃物のことであるが,もともと庖丁(ほうてい)とは丁という名の料理人のことである。庖丁の逸話は《荘子》養生主篇で名高い。…

※「庖丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

庖丁の関連キーワード安国寺集落遺跡綾羅木郷遺跡打ち身・打身ほりぬき正宗中新田打刃物香頭・鴨頭貔子窩遺跡きっきっとけったるい岡崎正宗鶴の庖丁仰韶遺跡立岩遺跡古典落語備前包丁磨製石器しっとと木原章六ほってとりんりん

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庖丁の関連情報