コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座標幾何学 ざひようきかがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

座標幾何学
ざひょうきかがく

解析幾何学」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の座標幾何学の言及

【解析幾何学】より

…前者を総合幾何学または純粋幾何学というのに対し,後者を解析幾何学という。解析幾何学はデカルトにちなんでカルテシアンCartesian幾何学ともいわれ,また座標が基本となるので座標幾何学とも呼ばれる。なお,今日では微積分学などの極限を扱う数学をふつう解析学と呼んでいるが,微積分学の誕生以前には,解析とは発見的方法としての代数学を意味していたので解析幾何学の名がある。…

※「座標幾何学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

座標幾何学の関連キーワードグラスマン代数窪田忠彦オレーム