コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解析幾何学 かいせききかがくanalytic geometry

6件 の用語解説(解析幾何学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解析幾何学
かいせききかがく
analytic geometry

(1) 曲線や立体のいろいろな性質を,解析的に,すなわち,簡潔な代数的記号を用い,座標系を導入して研究する分野。座標幾何学ともいわれる。 (2) 近年,代数幾何学に対して,それと類似の手法で解析的多様体の幾何学的性質を研究するのを,解析幾何学と呼ぶ用例がふえてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいせき‐きかがく【解析幾何学】

図形の性質を、座標を導入することによって数式で記述し、代数的計算によって解析的に研究する幾何学

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

解析幾何学【かいせききかがく】

座標幾何学とも。座標を用いて図形を方程式で表し,代数的計算を行った結果を再び幾何学的に解釈することにより図形の性質を研究する幾何学。デカルトフェルマーらが創始。
→関連項目幾何学空間(数学)数学総合幾何学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいせききかがく【解析幾何学 analytical geometry】

幾何学は平面および空間における図形の性質を考察するが,この取扱いに二つの方法がある。一つはユークリッドによる古典的方法で,公理や公準と呼ばれる基礎の命題からはじめて論理的な論法で図形の性質を順次に証明していくという方法である。この際,数や代数学は用いられず,もっぱら図形が使用される。他の方法はP.deフェルマーやR.デカルトによって案出された方法で,平面や空間に座標を導入して,図形を数の間の関係によって表し,また逆に数の間の関係を図形で表現して,図形の問題を数の問題に翻訳し,代数の計算によって幾何の問題を処理するというものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいせききかがく【解析幾何学】

幾何学的図形を座標上の方程式で表し、主に代数的方法によって図形の性質を研究する幾何学の一分野。一七世紀にデカルトやフェルマーらによって創始された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

解析幾何学
かいせききかがく

座標系を用いて図形を数式で記述し、代数的計算によって古典幾何学の問題を処理する手法をいう。これは用いられる手法に対する名称であって、ユークリッド幾何学リーマン幾何学位相幾何学などのように幾何学の内容を表すものではなく、またそこで用いられる手法は主として線形代数学であるから「古典幾何学における代数的手法」というほうが適切である。解析幾何学は17世紀前半にR・デカルトによって始められ、平面または空間のユークリッド幾何学が考察の対象であったが、今日では広く古典幾何学一般が取扱いの対象とされる。しかし、普通に解析幾何学というときには、「ユークリッド幾何学における代数的手法」を意味することが多い。たとえば、二次元の場合には直交座標に関しては直線は一次方程式で表され、二次曲線(円、楕円(だえん)、双曲線、放物線)は二次方程式で表される。(x,y)を直交座標とするとき、2点(x1,y1)、(x2,y2)を通る直線の方程式は

である。とくに2点(a,0)、(0,b)を通る直線は

で表される(切片形)。中心が原点で、長軸、短軸が座標軸の方向に一致している楕円は

で表される。とくにa=bならば円である。適当に座標変換(回転と平行移動)をすれば楕円の方程式はいつでもこの形(標準形)にすることができる。その際に用いられる代数的手法は二次形式の標準化(対称行列の固有値問題)である。双曲線、放物線についても同様である。三次元の場合には、直交座標に関して一次方程式で表される図形は平面であり、直線は連立一次方程式で表される。また、二次曲面(球面、楕円面、一葉双曲面、二葉双曲面など)は二次方程式で表される。
 一般にn個の実数の組(x1,x2,……,xn)全体の集合に対して2点(x1,x2,……,xn)、(y1,y2,……,yn)の間の距離を

と定義することによって、n次元ユークリッド幾何学を代数的に構成することができる(n次元の解析幾何学)。ユークリッド幾何学以外の古典幾何学(非ユークリッド幾何学、アフィン幾何学、射影幾何学など)に対してもまったく同様に「~幾何学における代数的手法」がある。ただし、用いる座標系はそれぞれの幾何学で異なる。たとえばアフィン幾何学や射影幾何学では「直交」座標という概念は意味をもたない。すべての幾何学の問題に対して座標系を用いる代数的手法が最適であるとは限らない。座標を用いないで図形を直接考察する方法を、解析幾何学に対して総合幾何学または純粋幾何学という。[荻上紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の解析幾何学の言及

【幾何学】より

…天文学の影響を受けて,前150年ころにはヒッパルコスによって平面三角法および球面三角法がつくられ,前100年ころにはその発展に,三角形の面積の公式で有名なヘロンや,初等幾何学の定理に名の現れるメネラウスやプトレマイオス(トレミー)らが寄与した。
[解析幾何学]
 ユークリッドの幾何学はきわめて整然とした論理体系であるが,それはあくまで証明の科学であって発見のための科学とはいえない。また,その証明技術には統一的方法はなく,個々の場合についてそれぞれのくふうを必要とする。…

【座標】より

…直線,平面,空間における点に数または数の組を対応させて点の位置を表すしくみを座標系といい,点に対応する数または数の組をその点の座標という。座標を初めて考えたのはR.デカルトであり,彼はそれによって解析幾何学を創始し,幾何学的な図形を数の関係で表して幾何学を代数を用いて研究するという方法を開発したのである。この方法はその後に生まれた多くの幾何学の研究にも用いられ,それらに応じて各種の座標が導入された。…

【デカルト】より

…しかし同年のガリレイ断罪を知ってその発表を断念し,代りに《屈折光学》《気象学》《幾何学》の三つの〈試論〉に,序文として《方法叙説》を付けて37年に刊行した。このうち《幾何学》は幾何学と代数学を結合して解析幾何学を(フェルマーとともに)創始した業績として知られている。41年には形而上学の主著《省察》が,ホッブズ,アルノー,ガッサンディらの〈反論〉と著者の〈答弁〉を付けて刊行され,44年には自然学をも含むその体系のほぼ全容を示す《哲学の原理》が出版された。…

※「解析幾何学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

解析幾何学の関連情報