コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥猛し ヨダケシ

デジタル大辞泉の解説

よ‐だけ・し【猛し】

[形ク]
ぎょうぎょうしい。
「おのづから―・くいかめしくなるを」〈行幸
億劫(おっくう)である。
「籠もり侍れば、よろづ初々しう―・くなりにて侍り」〈・行幸〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よだけし【弥猛し】

( 形ク )
大げさだ。ぎょうぎょうしい。はなはだしい。 「おのづから-・くいかめしくなるを/源氏 行幸
おっくうである。めんどうである。 「よろづうひうひしう、-・うなりにて侍り/源氏 行幸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弥猛しの関連キーワード源氏