コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行幸 ぎょうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行幸
ぎょうこう

天皇の外出をいう。行先が2ヵ所以上にわたっているときは「巡幸」,帰りは「還幸」といわれ,太皇太后,皇太后,皇后皇太子の場合は「行啓」という言葉が用いられた。明治になってから,太政官布告によって法律上の用例となったが,第2次世界大戦後その使用が廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐こう〔ギヤウカウ〕【行幸】

[名](スル)《「ぎょうごう」とも》天皇が外出すること。行く先が2か所以上にわたるときには巡幸という。みゆき。→行啓(ぎょうけい)

み‐ゆき【行幸/幸】

行くことを敬っていう語。特に、天皇の外出をいう。行幸(ぎょうこう)。古くは、上皇法皇女院にもいったが、のちに御幸(ごこう)と音読して区別した。
「群臣或は帝に勤むるに浙(せつ)に―するを以てするあり」〈露伴運命
「こちごちの花の盛りに見(め)さずともかにもかくにも君が―は今にしあるべし」〈・一七四九〉
(行幸)源氏物語第29巻の巻名。光源氏36歳から37歳。冷泉帝の大原野行幸、玉鬘(たまかずら)の裳着(もぎ)の行事などを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

行幸【ぎょうこう】

天皇が内裏から他所に移動すること。幸(みゆき)とも。天子の行く所万民が幸を受ける意という。皇后・皇太子は御啓(ぎょけい),平安時代以降太上(だいじょう)天皇(上皇)は御幸(ごこう)という。
→関連項目安曇江河陽宮主殿寮鳥養牧頓宮由義宮

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうこう【行幸】

天皇の出行すなわち御行(みゆき)。天子の行く所,万民が恩恵に浴し,幸いを受けるので〈幸〉というと古書に説明する。大宝・養老令や延喜式制では,行幸に際しては,衛府官人らが儀仗を整え,列次を組んで警固すること(鹵簿(ろぼ)),駐泊所は行在所(あんざいしよ)または行宮(あんぐう)といい,行幸に先立ち,官人を遣わして検察すべきことなどを規定している。奈良時代までは,遷都も含めて,畿内各地の行幸の例は少なくないが,平安奠都以後は,安徳天皇の福原行幸や南北朝争乱期の諸天皇の場合を除き,ほとんど都下ないしその近郊の行幸に限られ,わずかに数度の南都春日社行幸の例を見るにすぎない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうこう【行幸】

( 名 ) スル
〔「ぎょうごう」とも〕
天皇が出かけること。みゆき。 〔行き先が二か所以上のときは「巡幸」という〕 → 行啓ぎようけい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の行幸の言及

【行宮】より

…似た語句に〈行在所(あんざいしよ)〉がある。養老令の儀制令に,行幸中の天皇のことを〈車駕(きよが)〉といい,車駕の所に赴くことを,行在所にもうでるといえ,と規定している。また《続日本紀》神亀3年(726)10月10日条に,〈行在所に供奉せる者〉と,〈行宮の側近の百姓〉のごとく,行在所と行宮の両語句を使い分けている。…

【天皇】より

…つねに母の建礼門院徳子といっしょに各地を遊幸しているところからみると,その基底には,旅の母と子という主題がこめられているらしい。神話上はもちろん,近代に入っても,明治天皇の行幸形態のなかにもその要素が濃厚に残存しているといえる。その場合,天皇は,行幸の際の休止所で,丁重にもてなされて,去った後,とどまった空間が聖地と化して保存される傾向があった。…

【鹵簿】より

…儀仗警衛の隊伍を整えた行幸の列。明治以後は皇后以下皇族の行列にも用いた。…

※「行幸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

行幸の関連キーワード行幸(みゆき)葱の花の御輿出で座しの宮兄媛(1)出で座し処御綱の次官左兵衛府出で座ししおしお男山行幸右兵衛府押し摩る雨禁獄生憎心装束司天皇旗大君姿平胡簶靡き顔小安殿

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行幸の関連情報