コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当て事 アテコト

デジタル大辞泉の解説

あて‐こと【当て事】

頼りにしていること。当てにしていること。
なぞなぞなどで、隠してあることを言い当てること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あてこと【当て事】

〔「あてごと」とも〕
期待している事柄。目算。心当て。 「私の-は全然すつかり外て了つた/片恋 四迷
当て物もの 」に同じ。 「矢張りあなたの勝ちよ。あなたは-がお上手だから/或る女 武郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

当て事の関連キーワード当て物・中物心当て頼り