なぞなぞ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「なぞなぞ」の解説

なぞなぞ

言語遊戯の一つ。本来は信仰的修行の場で発せられる問いかけとそれへの答えであった。問いかけの最後にある「何ぞ」という語からという言葉ができた。口寄せをする巫女隠語とか,忌言葉などがその初期の頃のものであった。近世以後には謎解き坊主なども現れて発展させた。日常的なものを題材として,3段式のなぞかけや2段式のたとえなどが取上げられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「なぞなぞ」の解説

なぞ なぞ

何ぞ何ぞ。なんだなんだ。どうしたどうした。なんとしたなんとした。
※蜻蛉(974頃)上「こはなぞなぞといへど、いらへもせで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のなぞなぞの言及

【謎】より

…言語遊戯の一つ。〈何ぞ〉という問いかけから〈なぞ〉といい,〈なぞなぞ〉ともいう。英語では,ゲルマン語源のriddleとギリシア語源のenigmaの2語がある。…

※「なぞなぞ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android