コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なぞなぞ なぞなぞ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

なぞなぞ

言語遊戯の一つ。本来は信仰的修行の場で発せられる問いかけとそれへの答えであった。問いかけの最後にある「何ぞ」という語からという言葉ができた。口寄せをする巫女隠語とか,忌言葉などがその初期の頃のものであった。近世以後には謎解き坊主なども現れて発展させた。日常的なものを題材として,3段式のなぞかけや2段式のたとえなどが取上げられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のなぞなぞの言及

【謎】より

…言語遊戯の一つ。〈何ぞ〉という問いかけから〈なぞ〉といい,〈なぞなぞ〉ともいう。英語では,ゲルマン語源のriddleとギリシア語源のenigmaの2語がある。…

※「なぞなぞ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

なぞなぞの関連キーワードツビレグ ツブレグ マーチアミール・ホスローにゃんたんシリーズマザー・グースの歌ぴょこたんシリーズマイ ミトゥーリチポルノグラフィーマザーグースの歌言い掛け・言掛け後奈良院御撰何曾モンゴル文学トルコ文学佐野ひなこロンルートマレー文学山脇百合子ウイルタ語謎を掛ける中川李枝子中村汀女

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なぞなぞの関連情報