コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後徳大寺実定 ゴトクダイジサネサダ

3件 の用語解説(後徳大寺実定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごとくだいじ‐さねさだ【後徳大寺実定】

藤原実定の通称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごとくだいじさねさだ【後徳大寺実定】

1139~1191) 平安末期の歌人。藤原公能きんよしの長子。左大臣。法号、如円。詩・管弦にも優れる。家集「林下集」、日記「槐林記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後徳大寺実定
ごとくだいじのじってい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の後徳大寺実定の言及

【瀬高荘】より

…筑後国山門郡(現,福岡県瀬高町,三橋町)の荘園。立荘の時期,成立事情は不明。1131年(天承1)上・下荘に分かれ,下荘には鷹尾別符が成立した。12世紀初頭中納言藤原俊忠が領家職を有していたが,のち下荘は外孫の後徳大寺左大臣実定に渡り,実定より本家職が待賢門院に寄進され,円勝寺がこれを相伝した。平氏滅亡後1186年(文治2)には鎮西奉行天野遠景の押妨を受けたが,実定が頼朝に訴えてこれを退けた。鎌倉期に瀬高上荘は妙法院領となり,また1273年(文永10)には上・下荘とも10ヵ年を限り延暦寺の造講堂料所となった。…

※「後徳大寺実定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後徳大寺実定の関連キーワード藤原実定藤原実雄藤原実国藤原実子藤原実忠藤原実経藤原実行藤原実能藤原実子(1)藤原実子(2)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone