コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従業員株式所有制度 ジュウギョウインカブシキショユウセイド

デジタル大辞泉の解説

じゅうぎょういんかぶしきしょゆう‐せいど〔ジユウゲフヰンかぶシキシヨイウ‐〕【従業員株式所有制度】

従業員持ち株制度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

従業員株式所有制度

EmployeeStockOwnershipPlanの頭文字をとってESOP(イソップ)と呼ばれる。米国で1974年に自社株を中心とした確定拠出型年金制度として導入され、手厚い税制優遇措置もあって80年代に上場企業を中心に導入が急速に進んだ。最近では非上場企業の事業承継に活用するケースも増えている。

(2008-11-11 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android