コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御神籤 おみくじ

百科事典マイペディアの解説

御神籤【おみくじ】

神籤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の御神籤の言及

【神籤】より

…有間皇子(ありまのみこ)が謀反を短籍(ひねりぶみ)により決定し,聖武天皇が臣下へ物を与えるのに,短籍に〈仁義礼智信〉の5字を記し,その字により品物を決めたというのは,短籍がくじの機能をもったものであることを示している。個人が事の成否,吉凶,運不運を知るために利用するのが,現在,各地の寺社にみられる御神籤である。箱のなかに竹または木の棒を入れ,それに番号を記し,箱にあけられた穴からそのうちの1本をとり,その棒に記された番号によって,吉凶などを記した紙を寺社から受けとるというこの形式のくじの起源は中世をさかのぼらないようである。…

※「御神籤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御神籤の関連情報