コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微粉 ビフン

デジタル大辞泉の解説

び‐ふん【微粉】

細かい粉。微細な粉末

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の微粉の言及

【研磨材】より

…粒度は,粒子の大きさとそのそろいの度合を示し,粒径をそろえる程度はJIS規格で定められ,♯8から♯3000まで35階級に区分されている。そのうち♯8から♯220を粗粒,♯240から♯3000までを微粉と区分している。実際には♯8以上の粗粒も,♯3000以下の微粉も用いられている。…

※「微粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

微粉の関連キーワードマグネシウムの危険性金属焼結フィルタカーボンブラック雲母刷り・雲母刷ホワイトカーボンセラミック工具コロイダル燃料ペレタイジングトップシェード粉体製造技術バグノルド数コロイドミルヌジョール法スラリー流灰色森林土ラッピングアルコール炭鉱爆薬粉塵爆発水銀電池

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微粉の関連情報