コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川重好 とくがわ しげよし

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川重好

没年:寛政7.7.8(1795.8.22)
生年:延享2.2.15(1745.3.17)
江戸中期,徳川御三卿清水家の祖。9代将軍徳川家重の次男,母はお千瀬の方(安祥院)。江戸城に生まれ,万次郎と称した。宝暦3(1753)年賄料3万俵を給せられ,同8年江戸城清水門内の屋敷を与えられ,翌9年元服して宮内卿と称し,次いで清水屋形に移り清水家と呼ばれるようになった。叔父の徳川宗武(田安家),同宗尹(一橋家)の興した家とあわせ御三卿と呼ばれた。家臣はいずれも幕臣からつけられ,宝暦12年10万石の領地を与えられた。重好の死後子がなく,領地,家臣ともに幕府に引き上げられたが,その後清水家は再興と断絶を繰り返す。

(上野秀治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報