御三卿(読み)ごさんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御三卿
ごさんきょう

江戸時代,徳川氏の一族のうち,田安家一橋家清水家の3家は,官職としていずれも八省の卿に任じられるのが例であったことからこう呼ばれた。田安家は8代将軍吉宗の次男宗武から,一橋家は同4男宗尹 (むねただ) から,清水家は9代将軍家重の次男重好から出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ごさんきょう【御三卿】

〔当主が八省の卿かみに任ぜられる慣例であったことから〕
徳川氏の一族で、田安・一橋・清水の三家。御三家の次席で、将軍を補佐し、将軍に継嗣のないときは将軍家を継いだ。御三家と将軍家との間が血縁的にも疎遠になったために設けられた。三卿。 → 田安一橋清水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御三卿
ごさんきょう

江戸時代中期に将軍家より分立した徳川姓の3家。8代将軍吉宗(よしむね)の二男宗武(むねたけ)と四男宗尹(むねただ)をそれぞれ祖とする田安(たやす)家・一橋(ひとつばし)家、9代家重(いえしげ)の二男重好(しげよし)を祖とする清水(しみず)家で、ともに江戸城内の屋敷に近い門の名をとっている。所領は各10万石で、家老その他の役人は幕臣をもって任じた。将軍に継嗣(けいし)のないときは将軍家を相続することができた。11代家斉(いえなり)は一橋家から、15代慶喜(よしのぶ)は水戸(みと)家から一橋家に入り、それぞれ宗家を継いだ。代々各家当主の官名が律令(りつりょう)制の八省の長官(卿)である場合が多いので御三卿とよばれた。[上野秀治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御三卿の言及

【三卿】より

…御三卿ともいう。徳川氏の直系一門のうち,田安,一橋,清水の3家を指す。…

※「御三卿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御三卿の関連情報