コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水重好 しみず しげよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水重好 しみず-しげよし

1745-1795 江戸時代中期-後期,三卿(さんきょう)の清水家初代。
延享2年2月15日生まれ。徳川家重(いえしげ)の次男。宝暦8年江戸城清水門内に屋敷をあたえられ,翌年本丸からうつり家をおこす。10万石。三卿は三家(さんけ)とともに,将軍家に跡継ぎのないとき養嗣子をおくる資格があった。寛政7年7月8日死去。51歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の清水重好の言及

【清水家】より

三卿の一つ。9代将軍徳川家重の次男重好を祖とし,1758年(宝暦8)江戸城清水御門内に屋敷を与えられたところから清水家と称した。高10万石。2代敦之助より5代斉彊(なりかつ)まで,いずれも11代将軍家斉の庶子によって相続された。三卿は将軍家の血統保持と三家制御の役目をもち,三家に次ぐ家格を保持した。【藤野 保】…

※「清水重好」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清水重好の関連キーワード徳川重好

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android