コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心内膜

栄養・生化学辞典の解説

心内膜

 心臓壁の内側の層で,血管内膜の延長したもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の心内膜の言及

【心臓】より

…こうして魚の時代の〈えらの心臓〉は,上陸とともに〈肺の心臓〉となり,そしてその右心系に本来の姿をとどめることとなる。【三木 成夫】
〔ヒトの心臓〕

【心臓の発生】
 胎生20日ころになると,中胚葉の心臓板に左右1対の心内膜筒が形成されるが,これは2~3日で融合して,1本の原始心筒という筒状の構造となる。胎生23日には拍動が開始する。…

※「心内膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

心内膜の関連キーワード急速進行性腎炎症候群の原因となる病気たんぱく漏出性胃腸症のおもな原因アンレップ効果(臨床医学)ウイリアム オスラー心臓弁膜症と歯科治療ブルセラ菌と鼻疽菌ブタ丹毒(豚丹毒)心内膜床欠損(症)リウマチ性弁膜症動脈管開存(症)僧帽弁閉鎖不全症リウマチ性心臓病感染性心内膜炎リウマチ性心炎ビットルフ現象心内膜床欠損症先天性心臓病動脈管開存症化膿性髄膜炎冠状動脈瘻

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心内膜の関連情報