コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心内膜

栄養・生化学辞典の解説

心内膜

 心臓壁の内側の層で,血管内膜の延長したもの.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の心内膜の言及

【心臓】より

…こうして魚の時代の〈えらの心臓〉は,上陸とともに〈肺の心臓〉となり,そしてその右心系に本来の姿をとどめることとなる。【三木 成夫】
〔ヒトの心臓〕

【心臓の発生】
 胎生20日ころになると,中胚葉の心臓板に左右1対の心内膜筒が形成されるが,これは2~3日で融合して,1本の原始心筒という筒状の構造となる。胎生23日には拍動が開始する。…

※「心内膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

心内膜の関連キーワード急速進行性腎炎症候群の原因となる病気たんぱく漏出性胃腸症のおもな原因アンレップ効果(臨床医学)心臓弁膜症と歯科治療ウイリアム オスラー心内膜床欠損(症)ブルセラ菌と鼻疽菌ブタ丹毒(豚丹毒)動脈管開存(症)リウマチ性心臓病リウマチ性弁膜症僧帽弁閉鎖不全症リウマチ性心炎感染性心内膜炎ビットルフ現象心内膜床欠損症動脈管開存症先天性心臓病化膿性髄膜炎カンジダ症

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心内膜の関連情報