内側(読み)うちがわ

精選版 日本国語大辞典「内側」の解説

うち‐がわ ‥がは【内側】

〘名〙
① あるものの中、またはある区切りの中のほう。物の、内と意識される側。内面。内壁。⇔外側
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「窓の内側は厚き戸帳が垂れて」
② 抽象的に、あるわくをこしらえたときのその内部。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉四七「夫婦関係といふものを、内側の二人から眺めた時」

ない‐そく【内側】

〘名〙 物の内面。うちがわ。⇔外側

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「内側」の解説

うち‐がわ〔‐がは〕【内側】

ある物や仕切りの、中のほう。内部。内面。「内側から鍵(かぎ)を掛ける」⇔外側
ある範囲の中で、中心または手前に寄ったほう。「内側のコースを走る」⇔外側
その事柄と関係のある側。内部。「事件を内側から見る」⇔外側

ない‐そく【内側】

物の内面。うちがわ。⇔外側

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android