内側(読み)うちがわ

精選版 日本国語大辞典「内側」の解説

うち‐がわ ‥がは【内側】

〘名〙
① あるものの中、またはある区切りの中のほう。物の、内と意識される側。内面内壁。⇔外側
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「窓の内側は厚き戸帳が垂れて」
② 抽象的に、あるわくをこしらえたときのその内部
明暗(1916)〈夏目漱石〉四七「夫婦関係といふものを、内側の二人から眺めた時」

ない‐そく【内側】

〘名〙 物の内面。うちがわ。⇔外側

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「内側」の解説

うち‐がわ〔‐がは〕【内側】

ある物や仕切りの、中のほう。内部。内面。「内側からかぎを掛ける」⇔外側
ある範囲の中で、中心または手前に寄ったほう。「内側のコースを走る」⇔外側
その事柄と関係のある側。内部。「事件を内側から見る」⇔外側
[類語]内部内面内部内方内奥

ない‐そく【内側】

物の内面。うちがわ。⇔外側

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android