コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思い邪なし オモイヨコシマナシ

デジタル大辞泉の解説

思(おも)い邪(よこしま)なし

《「論語為政から》心が素直で、偽り飾るところがない。少しも邪悪な考えがない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいよこしまなし【思い邪なし】

〔「詩経魯頌」 「論語為政」〕
心に邪念がない。純粋な心がそのまま表れていて、いつわりがない。 〔孔子が「詩経」を論評していった言葉〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

思い邪なしの関連キーワード思い・想い・念い詩経

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android